2014年05月10日

ため口の店員

昨日久々に記事を書いたばかりだけど、今日は書かずにいられないので書きます!


以前にも記事にしたフリマのアプリでバイクのヘルメットが売れたんです。

普段はこちらが送料を負担する事が多かったですが、今回はゆうパックの着払いで送る事になりました。

ゆうパックは郵便局に持ち込むと100円引きになるのはご存知の方も多いと思います。

これって着払いであっても受け取り側が100円引きになるんですよ。

知ってました?^m^

ただ今回は売れたのが金曜日でちょうど土日をはさむ為、すぐに郵便局から出す事が出来ません。

大きな郵便局だと土日も出せる所があるようですが、私の近所の郵便局は土日は営業してません。

コンビニから出せたら便利だなぁと思ったんです。

そこで、郵便局の提携コンビニのホームページでゆうパックが着払いでも受け取り側が100円引きになるか調べてみたんです。

「持ち込みの場合、100円引き」

と書いてあるだけで、着払いも含むのかがよく分かりませんでした。

そこで実際にコンビニに行って、100円引きが適応になるか聞いてみようと思い向かったんです。


レジにいた男性店員に、

「これゆうパックの着払いで送りたいんですけど、100円引きになりますかね?」

すると、、、、

「着払いなのに100円引きっておかしいでしょ?」

と馬鹿にしたように言ってきたんです(`O´*)

少しイラっとしながらも言い方が悪かったかなと思って、

「受け取り側が100円引きになるかという意味です。」

と言い直すと、

「さぁ〜。」

「????」

予想外なモノの言い方に思わず言葉が出ない私。

しかも、ため口。

思わず名札を見てしまいました。


しばしの沈黙の後、再度、

「ダメなんですかね?」

と聞いたら、また

「さぁ〜分からんですねぇ・・・。」

って(# ゚Д゚)

「郵便局から送ると、着払いでも100円引きになるんですけど。」

「さぁ〜、100円引きになるか分からんけど、試しに出してみたらいいんじゃないの?もしダメだった時は相手が100円払うしかないですけどねぇ〜。」

と言って、ハハハと笑うんです。

「それじゃ困るから聞いているんです!ヽ(#`Д´)ノ」

「でも、どこにもそんなの書いてないから分からないもんで。」

「だったら他に分かる方いないんですか?」

と周りを見渡したら、女性の店員さんが割と近くに2人もいたけど、全くこちらを気にする様子がありません。

絶対に聞こえているはずなのに(*'へ'*)

もう一度、

「分かる方お願いします。」

と言ったのけど、

「いやいや、それはねぇ・・・。」

と何故かはぐらかされました。

「郵便局から送ると着払いでも100円引きになるからコンビニからでもなりませんか?コンビニのホームページには持ち込み100円引きとしか書かれてなくて、着払いの時もそうなのか分からなかったから、ここまで来たんですけど。」

すると、ゆうパックの元払い用の送り状と着払い用の送り状を取り出して、

「この元払い用の送り状に書かれたこの番号をレジで入力すると100円引きになるんですよ。着払い用の方にはこの番号がないから多分100円引きにならないんじゃないかなぁ。」

「そうですか。じゃあ、諦めます。」

こいつと話していてもらちが明かないし、腹が立つだけだと思って帰る事にヾ(≧血≦;)ノ

とりあえず、コンビニの問い合わせ電話番号を調べて、聞いてみる事にしました。

すぐに返答が貰えず、数分待たされた後、帰ってきた答えは

「コンビニから送る場合、ゆうパック着払いは100円引きにならない。」

だったんです。

なぁんだ、ヤツの言っていた事は一応は間違ってはなかったのかと少しガックリ(+o+)

ついでなので、その「ため口店員」の事も苦情として言っておきました。

彼の名前もしっかり伝えてヽ(^o^)丿


オペレータが念のためにと、郵便局の問い合わせ番号を教えてくれたので一応郵便局にも聞いてみたんです。

すると答えは、

「コンビニからのゆうパック着払いも100円引きになります。」

だったんです。

思わず

「えっ!?そうなんですか!?」

と大きな声で言ってしまったんです(°◇°;)

「実はコンビニでは100円引きにならないと言わんですよー。」

と伝えたら郵便局のオペレータも不安になったのか再度確認すると少し待たされた後、

「やはり、大丈夫のようですよ。」

と言われました。


なぁんだよぅ〜、コンビニのオペレーターも勉強不足だなぁって思いましたよ。

ってゆうか、最初から郵便局に電話して聞けば良かった(*´Д`)=3

余計なお世話かと思いましたが、再度コンビニの問い合わせ番号に電話して、100円引きになる事を教えてあげましたわ。


それにしてもあの男性店員、よくあんなんで働けているわ。

私と同い年くらいに見えたけど、誰だあんなのを採用したのは!?

常識外れの店員は何度か関わった事があったけど、それに加えてため口の店員は初めてな気がします。

コネかなんかでどうしてもと頼まれて雇われているってトコかしら?

苦情を言った所で直るとはとても思えないほどの酷い対応だったけど。

文字でしかそれを伝えられないのが非常に残念です。


明日、同じコンビニから今度は旦那にお願いして出して来て貰おうか検討中。

さすがに私が行くと顔を覚えられている気がして怖いので。

ヤツが店にいたらどう対応するのか、ちょっと見てみたいなぁとひそかに思っている私です( ̄ー ̄)ニヤリッ

因みにもしコンビニのホームページにゆうパックの着払いの場合も100円引きという旨の説明が増えていたら私のお陰かも〜(笑)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村ブログ村
posted by かほこ at 16:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

何故そこまで執拗に聞くの?

先日、某 子育て支援センターへ出掛けた時の話です。

そこの支援センターにはまだ2回しか行った事がなく、今回が3回目。

その2回は以前記事にしたAさんとBさんとで来ていましたが、今回は一人で出掛ける事にしたんです。

職員さんにもまだ顔を覚えられていない事もあり、初めて行った時は勿論、2回目に行った時も、今回も、

「初めてですか?」

と聞かれてしまいました(~_~;)

その日は10組位の親子が遊びに来ていましたが、どの子ももう歩ける子ばかりで、姫ちゃんが一番小さかったです。

絵本の読み聞かせや、人形劇が終わった後は自由時間になるのですが姫ちゃんは色んな道具で遊ぶのはまだ無理だし、同じ位の月齢の子も居ないし、今日は早々に帰ろうと思い、職員さんに、

「じゃあ、そろそろ帰りますね。」

と声を掛けたんです。

すると、そこの施設の一番偉いであろう女性の職員さんが話しかけてきました。

「昨日や一昨日は0歳児も結構来ていたんですよ。またいらして下さいネ。」

同月齢位の子がいなかったから早々と帰るんだと察したのか、見慣れない私に気を遣って下さったようでした。

「ありがとうございます。また遊びに来ます。」

と言って帰ろうとしたら、更に色々と聞いてきたんです。

「どの辺に住んでいるの?」

「○○です。」

「あぁ、あそこね。でも○○は範囲が広いけど、どの辺り?床屋さんのある辺り?」

「えぇ。まぁその辺です。」

「床屋さんから方角はどっちへ行った所?」

「北になります。」

「じゃあ、バス停のある辺りだね。」

「まぁ、その辺です。」


・・・・・

このブログで何回か書いてますけど、私の実家は同じ市内にあり、自営業をやっています。

父も地元の産まれで仕事柄顔も広く、地元の古くから住んでいるような方(特に年配者)には私の父を知る人が多いです。

しかも父の姉(伯母)も地元で自営業を営んでいて、父以上に顔がもっともっと広いです。

なので、子供の頃から私の素性が分かると、

「あぁ、あそこの娘さんね。」

とか

「あぁ、あそこの姪御さんにあたるのね。」

とかよく言われていました。

私、、、子供の頃から何とな〜くそう言われるのが余り快く思ってなくて。

大人になり、名字が変わった今でもそれは変わりません。

今のこの場所に家を建てた時も、近所の人に個人的な事を色々聞かれて、バレてしまいました。

別にバレたからって特別どうにかなる訳でもないのですが、何か嫌なんですよねー(´Д`;)

何かあった時、その度に、

「あそこの娘さんが・・・。」

って言われる気もして。

だから、

「何でこの人、そこまで詳しく聞こうとするの?」

って段々嫌になってきました。

それ以上聞かないでオーラを出していたのですが、質問は続きます。

「どこから、この市にみえたの?」

「△△市です。」(←以前のアパートの場所)

「そうなの?何でこんな田舎に家を建てようと思った訳?」

一瞬、とまどいました。

この答えを言うと、更につっこまれるのは想像がついてましたから・・・
(;´∩`;)

「・・・私はここの市の産まれなので。土地も安かったので。」

すると、「え〜。そうなの〜?」と声が大きくなって、

「私もここの市の出身なのよ。ご実家はどこなの?」

あー、やっぱり・・・そうくると思った。

しかも、地元育ちの人だったとは・・・

仕方なく答えます( ̄▼ ̄|||)

「××です。」

「××!?へぇ〜、そうなんだ。農協がある辺りかしら?」

「まぁ、その辺です。」

本当は違うけど、面倒なのでそう答えました(´Д`;)

「お父さんは60代位だよね?私と同級生だったらすぐ分かるかも。私は61歳なのよ。」

「そうですか、61歳なんですかぁ・・・」

・・・ビックリしたわ。

私の父も現在61歳で、2月に62歳になります。

同い年の可能性大です・・・。

同い年でもなくても、恐らく父の事は知っているでしょう。

もうこれ以上、詳細を答えたくなかったので、

「ウチの父も60代ですよ。」

とだけ答えました。

すると、いいタイミングで姫ちゃんが眠いのか少しぐずったので、

「眠いの〜?もう帰ろうねー。」

と言って、何とか会話を終わらせる事が出来ました。


・・・やれやれ(*´Д`)=3

姫ちゃんのお陰でとりあえず助かったけど、わざわざ調べられたりしたら嫌だなぁ。

私の偏見かもしれませんが、同じ土地に長く住んでいて、且つ、地元に密着した生活をしている年配の方って、この手の話題に対してズカズカと深く聞いてくるイメージがあります。

こんなに顔が広いのよ〜、とでも言いたいのか?

私の父も、どちらかと言うと割とそんな感じなのですが・・・


しかもこの職員さん、

「この市に家を建てたとなると、土地は安いから全部で2000万〜3000万くらい?」

なんて事を聞いてくるんですよ?

普通、そんなお金の話なんて聞いてきます?

で、「まぁ、2000万位かぁ。」

なんて言うもんだから、「そんな安くないワ!」と思って思わず、

「3000万くらいです。」

って答えてしまったではないかヽ(#`Д´)ノ

(その台詞はわざとだったのか!?)

こんな個人的な事を聞いてくるなんて市役所にでも苦情でも言いたい気分ですが、私が言ったとバレる可能性が高いし、私の素性が分かった時に、

「あそこの娘さんにこんな事を言われた。」

なんて話が広まるのも嫌だし、別にわざわざ言ったりはしないけどさー。

勿論、ここの支援センターに行きにくくなるしね。

はぁ〜、ここの支援センターに行くのが少しためらいます(*´Д`)=3




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 21:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

久々に怒り心頭に発する

今日、私はこんなに怒りが込み上げてきたのは久々じゃないかという事件がありました。

一体何が起きたのかといいますと、朝、玄関の階段の一番下の段のタイルの上にフンがしてあったのです。

しかも、長細いのが一本あるのではなく、下痢とまではいかないまでも少し柔らかい感じのフンで、栗くらいの大きさのモノが5、6個散らばっていたんです(#`Д´)凸

猫なのか、犬なのか、どちらなのかハッキリは分かりませんが、恐らく犬だと思われます。

猫のフン害は今まで何度かありましたが、いつも駐車場の砂利か芝の上でしたし、小さめで長細いのが1〜2本って感じでした。

そして明らかなのは、猫のフンは臭いがキツイ。

少し離れていても匂ってきます。

今まで猫フンが玄関前にされていた事もありません。

気付かなかっただけと言えば、返す言葉はありませんけども・・・(-д-;)


今回は形状が違うし、臭いが少ない。

実は2週間前、玄関の階段前の少し雑草が生えている道路部分にも一回フンがされていたんですo(>ω<)o

その時は一本の長細いものでしたが、今まで目にしてきた猫のフンとは大きさが違って大きめだったし、臭いもありませんでした。

土の上だったので処理もしやすかったのですが、今回はタイルの上!!ヾ(≧血≦;)ノ

我が家の入り口は扉の様なものの設置はなく、道路からすぐに階段へ昇れるようになっています。

仕方ないので、ほうきである程度を掃いて、水で流すしかありませんでした。

何で私がこんな事しなきゃいけないの??と怒りがこみ上げて仕方なかったですヽ(#`Д´)ノ

玄関の階段前の道路にフンをされるのは百歩、いや万歩譲って許したとして、人んちの敷地内である玄関の階段に犬を侵入させ、しかもフンをするだなんて、常識外れにも程があります。

夜になった今でも怒りは完全には消えず・・・

旦那も「今回はさすがに酷すぎる!」と怒り心頭(#`д´)

100%断定は出来ませんが、犯人はほぼ分かっています。

我が家の前の道で犬を散歩させている人は一人しかいないんです。

その人以外に見た事ないんで。

道路をはさんだ向かい側の2軒隣の家の人。

早朝と夕方の1日2回、散歩している姿を何度も見ています。

もう本当に許せない!!(`Д´*)q

とりあえず、即席でミニ立て札を作成する事にしました。

何て書こうか結構悩んだけど、以下の通りです。

「犬の飼い主の方へ。犬のフンお断り!!犯人は誰か分かっていますよ。」

どうですか??

インパクトありますかね??

そして、とりあえず以前に購入して使わずじまいのラティスがあったので、それを玄関の階段前に立てかけておく事にしました。

これなら嫌でも目について警告になるでしょうし、相手の心理に威嚇を与える事も出来るかなと。

これでもまだフンをするようなら、証拠をつかむため防犯カメラでも設置するしかないのでしょうか??

腹立だしいし情けない飼い主ですよね。

確信犯だから、猫のフンよりも質が悪いわ・・・(´ω`#)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 20:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

ずうずうしいオバサン。

週末、母と買い物に行った時の話。

母の車で出かけたのですが、運よくお店の入口付近に車を停める事が出来たんです^m^

「こんな入口近くに停めれるなんて珍しいし、たまたま運が良かったね。」

買い物をし終えて、車に荷物を入れます。

私はカートを戻す為、一旦車から離れました。

母は運転席に乗り、私が戻って来るのを待っていたはずが・・・。

入口付近とは言え、カート置き場がほんの少し遠かったのですが、戻ると母の車がなくなっていて、別の車がそこに駐車している最中だったんです。

あれ?と思っていると、ちょっと離れた邪魔にならない所に母の車が・・・
(o゜ー゜o)??

乗りこむなり、

「どうしたの?」

と聞くと、

「だってさぁ、あの車を運転していたオバサンが、物凄く睨みつけてきて、ここに私が停めるんだから早くどけ!と言わんばかりにわざわざ窓を開けて体や手を使ってジェスチャーしてきたものだからさぁ・・・。」

「何それ〜!!ムカつくおバァだなぁ。別に移動してあげる必要ないじゃん。私だったらそんな態度ムカつくから無視して絶対に移動なんてしてやらないのに〜!!別にそのまま無視してれば良かったじゃん!」

「凄い顔をしてから、怖くて移動しちゃった。」

何て、図々しいオバサンなんだ!!ヽ(#`Д´)ノ

運転席に人が乗っているからと言って、すぐに帰る人ばかりじゃないだろうに。

入口付近に停めれた事で、逆に嫌な気分になっての帰宅となってしまいました(っ`Д´)っ





いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 10:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

お好み焼き食べ放題

あるお好み焼きのお店の食べ放題に行ってきた時の話です。

食べ放題のしくみは

「最初の注文から60分以内のみメニュー内のお好み焼き・焼きそば・サラダが、おかわり自由!!飲み物一杯サービス!」

というモノだったんです。

この文章を読んで、皆さんはどう考えられるのでしょうか?

私はこう考えました。

60分以内はおかわりが自由に出来るけど、それ以降はおかわりが出来ないんだな、と。

60分以降はおかわりが出来ないけど、食べる事は出来るんだな、と。

料金は一人1000円で、お値打ちだったので早速頼む事にしました。

しか〜し!!

注文後に聞かされた食べ放題のルールは予想と違ったんです(*'へ'*)

お店に居られる時間が60分で、追加注文できるのが最初の40分間だけ。

食べきらないと次の注文が出来ない。

まぁ、食べきらないと注文できないって言うのは仕方がないかなとは思いますけども。

ただ、この店は自分のテーブルで焼かないといけないのです(; ̄Д ̄)

注文してからすぐに焼きそばやお好み焼きの種が出てくる訳でもなかったし、当然焼く時間もある訳ですから、40分って少なすぎません??

実際に最初に注文したお好み焼き・焼きそば・サラダ(全て2人前)を食べ終わった時、すでに35分が経過。

(因みにこの注文した、お好み焼き・焼きそば・サラダは最初に必ず注文しないといけませんでした)

慌てて食べても、それだけの時間がかかりました(〃´o`)=3

折角の食べ放題なのに勿体ないからと、その時点で焼きそば(1人前)とサラダ(2人前)を追加注文。

私はすでにお腹一杯でしたので、追加注文した焼きそばは旦那がほぼ一人で食べてました。

サラダは私も食べましたけどね。

その最後の焼きそばも、かき込むように食べて、ぎりぎり何とか60分に終了。

ただただ、時間が全く足りませんでした(´□`;)

お店の人が「少しくらいは融通きかせましたのに」とか言っていたけど・・・

それでも無理があるでしょ!!このルールヾ(≧血≦;)ノ

注文可能時間が40分、食べきるのが60分じゃ、のんびり落ち着いて食べれやしないと。

そもそも、お好み焼きって結構お腹が膨れるのでそう食べれるもんじゃないし。

少なくとも90分は欲しいですよね。

店員に

「このルールは書いてあった事と違うのではないか?」

と尋ねてみたら、奥から店長らしき人を呼んできて、

「他にも同じ事をおっしゃるお客様もみえましたが、皆さんこのルールでやって貰っていますので。」

だってさ(*´Д`)=3

他にも同じ事を思った客がいたのね。

正直ちょっと騙された気分です。

とにかく慌ただしくて「2度と行くか!」って思いました(#`д´)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 10:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

しつこい保険の勧誘

2ヶ月前の話なのですが、0120で始まる番号から携帯に電話が掛かってきたんです。

オ○コカードからでした。

「いつもカードのご利用ありがとうございます。今、少しお時間宜しいでしょうか?」

数日前に医療保険の案内が届いてたので、どうせ保険の勧誘だろうと思い、

「今、ちょっと忙しいので。」

と言って、この時は切った私。

この番号から掛かってきたら、もう電話を取らないでおこうと思い番号を登録しておきました。

案の定、その後も定期的に電話がかかってきたので取らずに放っておいたんです。

しかし、余りに何度も掛かって来るので、これは一度きっぱり断らないといけないと思い、つい先日仕方なく電話に出る事にしました。

「いつもカードのご利用ありがとうございます。今、少しお時間宜しいでしょうか?」

声の感じでは年配の男性でした。(前回は女性でした)

「えぇ、まぁ。少しだけなら。」

「先日、医療保険のご案内をお送りしましたがご覧いただけましたでしょうか?」

やっぱりなー( ̄▼ ̄)

その後は息つく暇もない位に、ペラペラとその医療保険の素晴らしさにについて話をしてきました。

とりあえず、断るタイミングを計りながら、

「はい。」「はい。」「えぇ。」

と相づちを打っていました。

段々面倒になってきたので、さすがにそろそろ断ろうと思い、

「他にいくつか入っていますので、これ以上入るつもりはないです。」

これで電話が切れると思っていたのに・・・甘かった。

それでも、セールストークをやめようとしないオッサン(>_<)

「保険の代理店さんと散々比較し検討して入った保険ばかりなので、今の保険に問題はないんで。」

「これ以上保険に使うお金がないんです。」

「とにかく入る気はないんです。」

散々言ってんのに、聞く耳を持つ様子が全くな〜い!!(/´Д`)/

「すでに他に医療保険に入っているかと思いますが、この保険は無駄な特約もありませんから保険料がかなり安くなっております。」

「この電話のみで契約が出来て簡単ですから、是非お勧めです。」

何度断っても同じ台詞の繰り返し。

段々嫌んなってきて、物凄くめんどくさそうに、

「はぁ。」「あぁ、そうですか。」

等と殆ど話など聞かずに、適当に相づちを打っていたんです。

「現在入院をしてますか?」

「いいえ。」

「現在、通院をしてますか?」

「?????」

・・・・気付いたら、知らない間に加入手続きの為の質問に入ってた〜
..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ 

「あの、私はさっきからこれ以上保険に入らないって言ってんのに何を聞いているんですか?とにかく入るつもりはないんです!!」

それでもまだセールストークが終わらない・・・( ̄0 ̄; )

「もう電話をしている時間がないんで切らせて貰ってもいいですか?」

気付けば掛かってきてから15分近くが経っていました。

でもまだ相変わらず保険を勧めてきます。

こんなにしつこい電話での保険の勧誘は初めて(o´д`o)=3

今までも他のカード会社からこの手の電話は掛かってきた事がありますが、断れば早々に電話を切る事ができたというのになぁ。

さすがに私もイライラがピークに。

「あの、私は入る気がないのにこれ以上話をしていても無駄だと思いますよ。」

それでも止めないΣ(-`Д´-ノ;)ノ

さっきからさ、人の話聞いてる??

のれんに腕押しとはこの事か??

「もうとにかくもう話す時間はないので切らせて頂きます。」

ここでようやく、オッサンは諦めてくれました。

ホントにもう!!!

あと一歩でキレる寸前でしたよヾ(≧血≦;)ノ

どうしたらそんな強い精神が持てるモノなんでしょうかね??

ただただ呆れてしまいました(; ̄Д ̄)

仕事から帰ってきた旦那にその話をしたら、

「その人は名前を名乗ったのかい?」

と言うので、

「そういえば、名乗ってなかった。」

と答えたら、

「やっぱりなー。その手の保険のセールスは名乗らない奴が多いんだよね。そもそも名乗らないのは法律違反なんだよ。断っているのにしつこいのも法律違反。断ったのに再度掛けてくるのもね。だからもし今度掛かってきたら、名前を聞いてやれ。そして特定商取引法違反だと言ってやれ。」

へぇ〜、そうなんだ( ̄ー ̄)

今回のしつこい電話で一つ勉強になりましたワ(^^)v




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 20:18 | Comment(7) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

我が家の確定申告

先日の14日に確定申告へ行ってきました。

昨年の私の所得は103万円以下だった為、勤めていた時に源泉された所得税が戻ってきます。

旦那は医療費控除で所得税がほんの少しだけ戻ってきます。


我が家の医療費は今年は10万円を超えなかった為、医療費控除は無理だと思っていたのですが、先日税理士事務所で別居の親の分も合算できると教えて貰った為、何とか10万を超えたんです。

それら2つの申告書を持って市役所の確定申告会場へ向いました。

番号札を持って順番を待ちます。

でも朝一番だった事もあり、すぐに番号が呼ばれました。


私の担当者は50代位のおばちゃんでした。

病院の領収書をペラペラと簡単に見た後、たまたま一番上に置かれた父の病院の領収書を2度見したんです。

「あれ?これおたくと名字が違いますけど。」

「父です。」

「同居されている訳じゃないですよね?」

「えぇ。でも生計は一にしておりますので。」

「別居では認められませんが。」

「そんな事はないはずです。私は今、税理士事務所でバイトしてますけど、そこの税理士の方も大丈夫だっておっしゃってましたけど。」

「・・・。」


しばしの沈黙の後、


「・・・あぁ、そうですか・・・税理士さんがおっしゃるなら、間違いないわね・・・。知らなかったわ。」



おい、おい、おい・・・( ̄□ ̄#)



内心「えっ?」って感じ。

そんな程度の知識の人をここに置いていいのか?って思いましたよ。

ついでに言うなら「私、FP2級の資格持ってますけど。」って言ってやろうかとも^m^


何だかんだ、無事に確定申告が終了。

沢山の人が確定申告をするから仕方ないんでしょうけど、医療費の領収書も物凄く簡単にしか見てなかったので「所詮いい加減なんだな」って思いました。

封筒に記載した交通費の欄なんて全く見てなかったし。

今までは郵送で確定申告をしていたので、どんな感じなのか今回初めて知る事が出来て良かったです。


全部で2万円弱のお金が戻ってくる予定です。

ワーイ(^○^)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 15:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

公務員

先日、国民年金の振り込み用紙が届いてきたんです。

国民年金の手続きは5月2日にしてきたのですが、

「4月分だけは口座引き落としが出来ない為、後日振り込み用紙が届きますからそれで収めて下さい。」

と役所の人からは言われていました。

一体いつ届くんだろうと思っていたら、届いたのは5月30日。

で、振り込み期限は5月31日まで。

おいおい!って気分です。

余りに余裕無さ過ぎ!

5月2日に手続きしてんのに、遅すぎ!

全く・・・役人は仕事が遅いのでしょうか??

しかもですよ、その5月2日の時点で口座引落しの手続きもしているのに、
1年分の振込み用紙の束が届いてきたんです。

4月分以外の振り込み用紙は全てゴミです。

仕事が遅い上に、無駄まである・・・(ーー゛)

この間のハロワの仕事ぶりといい、この役所の仕事ぶりといい、
民間じゃ有り得ないですよ。

無駄を省く気はさらさらないですね。

湯水のようにお金が湧いてくるとでも思っているんでしょうか。

言われた通りの事さえ淡々とやればいいと思っているんでしょうかね。

それとも私がただケチなだけでしょうか。

ケチならケチで結構ですわっ!ヽ(#`Д´)ノ


そうそう、役所で「会社都合退職による国民健康保険料軽減制度」について相談をしたら、

「あなたは会社を辞めさせられた訳ですから申請できますよ。」

と何気にカチンとくる言い方をされました。

別に間違ってはないですけどね、、、

もっと言葉を選びなさいよ!!!!!ヽ(#`Д´)ノ


一時期は公務員になりたいと思った時期もありましたけど、給料が少なくても苦労が多くても、公務員にならなくて良かったのかもと思ったりもします。

負け惜しみかもしれませんけど・・・(~_~;)



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村


posted by かほこ at 10:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

オジサンに睨まれた

車を運転中の話です。

交差点で信号待ちをしていた時でした。

私の前には車が一台停車をしていたんですが、信号が青になっても一向に走りだす様子がありません。

少しだけ待ってみたものの、全然動いてくれないから、

ビッ!

と軽くクラクションを鳴らしてみた私。

そしたら、その前の車の運転席の扉が開いたんです。

「えっ!?」

って思った瞬間に今度はオジサンがそこから顔を出し、振り向いて私を睨んできたんです。

ビックリして、どうしようかと思っていたら、そのまま扉を閉めて走り去って行きました。

「何だ?今の?」


ただ、睨みたかっただけなのでしょうか??

今までにも信号に気付いていない人にクラクションを鳴らした事はあったけど、こんな事は初めて。

そこまで腹を立てる事でもないじゃん!

ってゆうか、、、私、別に悪くないし〜。

信号見てないオッサンが悪いんでしょうが!!


何か、後からムカムカしてきました。

でも、柄の悪いオッサンだったら・・・・。


ま、降りて向ってきたら、急いで走り去ればいいんでしょうけど(~_~;)



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村

posted by かほこ at 17:31 | Comment(7) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

救急車、邪魔っ!

朝、いつものように車で出勤した私。

ただ、いつもと違うのは、5分ほど家を出るのが遅かった事くらい。

たかが5分、されど5分

朝の5分は大きいよね。

まぁ、私は会社始業時間の20分前には到着するので、5分遅いくらい大したことではないのですが、万が一の事を思うと、ほんのちょっとだけ気持ちが焦ります。

(滅多にないですが、たま〜に、いつも渡る大橋が渋滞している事があるんです)

家を出て間もなくは、田舎のあぜ道が続きます。

あぜ道と言っても、物凄く細い道ではなく、普通車であればちゃんと擦れ違えるような道です。

遠くに救急車が停まっているのが見えました。

何かあったのかなー、そんな事を思いながら救急車に近づいていきます。

近づいて行くうち、ある不安にかれたんです。

どんな不安かというと、、、

救急車が停まっている横を通れるかどうかについて。


ビミョーでした。

非常にビミョーな感じ。



ビミョーすぎて救急車の真ん前に来るまで分からなかった・・・・

試しに行ってみようとするも、やっぱ無理だと判明。


救急隊員の誰かが一人くらい車の中、あるいは付近にいないか見渡すも、誰ひとりいません。

皆、付近のどっかの民家にでも救護に行ってしまっているようでした。


もうちょっと、端へ寄せてくれていれば通れるのに!!


私の車は軽自動車なのですが、それでも無理そうだったんですよね。

諦めてバックし、他の道へ進みました。

ただでさえ、5分遅いのに、更に数分遅くなってしまった・・・(#`Д´)

緊急だったかもしれませんけど、他の人の事も考えよーよ。

私だって、急いでいたのになぁ。

税金だってちゃんと払ってんだから、道路を自由に通る権利だってあるはずよ!


全然関係ないけど、そういえば先日こんな事件がありましたね。

助けに来た救急車に引かれて、「軽傷」だったのが「重症」になってしまったとういう事件が。

不謹慎ですが、そのニュースを聞いて思わず笑ってしまいました。

そんな事があるのかと。

もうちょっとちゃんとして貰いたいものです。



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村

タグ:救急車
posted by かほこ at 22:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

あなたならどうします?

あなたならどうしますか?

車の運転をされる方に特に聞きたいです。

下の絵を見て下さい。

車の運転1.jpg





私が一生懸命、ペイントを使ってパソコンで作成した絵です。

この絵は、2台の車が道路を走っている所です。

橋は2台の車が擦れ違うにはちょっと辛い幅しかありません。

道路も橋と同じ位の幅しかなく、擦れ違うのはちょっとキツイです。

絵はグレーの車は橋を渡っている所で、ピンクの車は一時停車をしています。

あなたはグレーの車を運転しているとした場合、どうしますか?


・・・・


きっと大抵の人は、こう答えるのではないでしょうか。

「向って右側にある道に車を寄せて一時停止し、ピンクの車が橋を渡れるようにする。」と。

絵にするとこんな感じ。

車の運転2.jpg





どうですか?

私と同じ答えだったでしょうか?

何でこんな事を聞いたかというと、今日の仕事帰りにこんな事があったんです・・・。

私は絵でいうとピンクの車側です。

グレーの車を運転しているのは50代半ば位のオバサン。

グレーの車が橋を渡っているのが見えたので、絵の位置で一時停止をして渡り終えるのを待っていました。

私は橋を擦れ違うのは無理だと思ったし、グレーの車は当然、絵のような位置に入ってくれるモノと思っていたから。

するとグレーの車は、橋の上で車を橋の端っこギリギリまでハンドルを切ったんです。

擦れ違うのは無理なのに、何でそんな事をするんだろうと思っていたら、案の定な出来事が。

車が橋にこすったんです。

恐らくボディではなくタイヤがこすれたんだと思うのですが、

あー、あぁ・・・。何やってんだか。

と思って見ていた私。

グレーの車は少しバックしたりしながら車を擦れない位置へハンドルを切っていました。

そして、いよいよ橋を渡って2番目の絵のような位置まで車を動かすかと思っていたら、橋の上でずっと停止をしているんです。

何やってんだろう・・・。

と思っていたら、

そのオバサン、しきりに交差する道の方角を指差すんです。

(絵で言うと、向って右に折れる道の方角です)

何を言いたいんだか全く分かりません。

私は、そこに入りたくても私の車の位置が悪くて入りにくいのかと思い、車を少しバックさせました。

それでも動こうとしないオバサンの車。

なので、

「あなたがそこの道の方に入りなさい。」

と右側に曲がる方の道を指差しながら、手でジェスチャーをしてみたんです。

すると、そのオバサンが車から降りてくるではありませんか。

何だ?

と思って窓を開けると、

「あなたは一体どうしたいんですか?」

と怒りモードで私に聞いてきたんです。

「どうしたいって、あなたが橋を渡り終えるのを待っているんじゃないですか。」

「お陰で、車をこすっちゃったじゃないですか。」

そう言って振り向き、自分の車の方を見てこすった辺りを指差しました。

私はそのビックリするような言動を聞いて、私も怒りモードに。

「そんなの私は知りませんよ!」

と答えました。

自分の運転が下手なんじゃんっ!!

すると今度は私の後ろ辺りを指差して、

「私の家はすぐそこなんですよ。」

「・・・。」

「だから、あなたがその橋の前の道の方へ曲がってくれればいいじゃないですか?」

「はぁっ?私はまっすぐ進みたいんですよ!あなたがここに車を移動させれば擦れ違えますからっ!!」

もう頭に来た私は、右に折れる道の方を指差して強く言いました。

するとオバサンはしぶしぶ車に戻り、私が言った位置に車を移動させました。

しかし、車の入りこみが浅かった為、かなりスレスレで擦れ違う羽目に。

まぁ、私の運転テクニックなら問題ないんですけどね。(なんちって)

それにしても、なんちゅー自分勝手で図々しいオバサンなんだろう!!

イライラしながら帰宅しました。

それにしても、オバサンに「車こすったじゃないか。」と言われた時に、謝ったりでもしようものなら、「弁償しろ。」とか言われたのかなぁ?

残念ながら、私はそんな弱々しい人間じゃありませんからねっ!!

その後帰宅した旦那に、同じ質問をしてみたら、同じ答えでした。

一杯愚痴を聞いて貰いましたヨ。

それで、ようやくイライラはおさまりましたワ。



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 22:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

順番抜かし

帰りに給油しようとセルフのガソリンスタンドへ寄った時の話です。

たまたま全ての給油用レーンが車で埋まっていた為、レーンの手前辺りで停車して待っていたんです。

すると私の後ろにも一台車が並びました。

少しして、停車していた場所から一番近いレーンが空いたので、そこへ車を入れようとした瞬間、タッチの差で後ろの車がそのレーンへ車を走らせてしまったんです。

えっ??

まさかの出来事に一瞬戸惑いました。

その運転していた男は涼しい顔で車から降りてるではありませんか。

「はぁっ??」

思わず車で呟いてしまった私。

それと同時にイラッと怒りが・・・。

何だあいつ!!順番抜かししやがって〜!!

数十秒後、その隣のレーンが空いたので、そこへ車を走らせ停車させます。

すると、プリペイドカードを購入して戻ってきた順番抜かし男が私の車の真ん前を歩いていったんです。

そこで私は思わず、車の中からキッと睨みつけたんです。

それに気付いたのか、こっちを見たその順番抜かし男。

一瞬で、すぐに視線をそらしました。

でもまたすぐに、こちらを見て、慌てるように去っていったんです。

ふんっ、
堂々と私の前を歩けないなら、順番抜かしなんかすんなっていうのっ!!


ちょっとスッとした〜。

怖いね、私。



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村

posted by かほこ at 23:35 | Comment(9) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

猫のフン。

朝、出勤しようと車へ乗り込もうとした際、愛車の脇になにやら黒いモノが・・・

すぐに、ピンときた私。

それは、、、

猫のフン

またぁ!!!!!

こんなの一度や二度じゃないんです。

どこの猫だか分からないのですが、家を建てて約3年半。

以来、我が家の庭をウロチョロしている猫がいるんです。

堂々と庭の日陰で休んでいたり、玄関の扉の真ん前で昼寝をしていたり・・・

お前、一体どこの猫だよっ!!

猫は嫌いじゃない。

むしろ、可愛いと思ってる。

でも、こうしょっちゅう庭にフンをされては・・・

この猫に限っては、憎たらしく思えてならない。

たまに、猫よけの薬みたいなのを蒔いてはいるのですが、忘れた頃にフン害はやってくるんです。

はぁっ・・・

園芸用のスコップを持ち出し、フンをすくって、少し離れた空き地に捨ててきました。

お陰で、いつもより出発が遅れてしまった・・・。

朝からテンション下がりまくり。

猫が死ぬのを待つしかないのか。


いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村

posted by かほこ at 21:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

出来の悪い店員

バスポンプを購入しようと某Y電機へ旦那と行った時の話です。

レジに並んでいた時の事。

ちょうど私たちの前に並んでいた客が大量に家電を購入していて、精算に時間がかかっていました。

稼働していたレジはたった一つしかありません。

気付くと私たちの後ろには4組ぐらいの客が並んでいたんです。

すると別の店員が私たちの方を見て、

「こちらにどうぞ。」

ともう一つのレジを開けてくれました。

そしてそちらへ向って行った所、私たちの後ろに並んでいたオヤジが早足で私たちを抜かし、私らの前に立ち、持っていた商品をレジに置くではないですか。

でも店員は明らかに二番目に並んでいた私たちの方を見て、こちらへどうぞと声を掛けた訳ですし、私たちを優先してくれるものと思っていました。

なのにですよ。

視線を私たちからオヤジの方へ移し、そのオヤジの商品のレジ打ちを始めるではありませんか。

!?

予想外な事態に体は固まり、頭はパニックに。

「ちぇっ、何だぁ。」

と旦那も呟いています。

ふと見渡すと、レジに並んでいた他の客も私たちに起きた出来事をちょっとおかしな顔をして見ていたんです。

気恥かしさと同時に、怒りが湧いてきました。

なんだ、この店員・・・。

普通なら

「二番目のお客様を先にいたしますので。」

とか言うんじゃないの?

実際にそう言われた事は何度もありますし。

オヤジもどうかと思うけどさ。

オヤジが去っていた後、私たちの順番が回ってきます。

私はガツンと言ってやろう、そう思いました。

しかし、その直後、

その電機屋のホームページからメールで訴えてやる方が効果的かな。

と思い直し、その場で言うのをぐっとこらえる事に。

そして、そやつの胸に付けた名札をマジマジと眺めたんです。

するとその名札には

「フロア長」

の肩書が・・・

はぁっ?こんな奴がフロア長だって??

ますます腹が立ってきました。

私の横に立っていた旦那の顔をふと見ると、、、

睨みつけてる・・・。

旦那は大昔ちょっとしたワル(←死後??)だった事もあり、ガンつける顔はちょっと怖い。

しかし、店員も自分のしたことや私たちが怒っている事に気付いているのか、目を合わそうともしないし、ちょっと動揺しているようにも見えました。

レジを終えて、エスカレーターで下へ降りる事に。

すると、何故かさっきのオヤジがエスカレーターで下から上がってきたんです。

頭にきていた私は、

「さっきはホントむかついたわ。あのクソオヤジっ!!」

と思わず聞こえるように大きな声で叫んでしまったわ。

旦那も帰る車の中でも怒り心頭でした。

「よくあんなのがフロア長なんかやっとるわ!!」

久々に不愉快な思いをした日でした。。。



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村

posted by かほこ at 20:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

私から取り上げた人。

昨日話です。

久々に実母とイオンへ出掛けました。

母が、

「そう言えば、今年の手帳をまだ買ってないのよ。今日こそ買わなきゃっ!」

そう言うので、文具売り場へ向ったんです。

時期外れという事もあって、どの手帳も割引がされていました。

「うわぁ。どれも割引されていて安くなってるよ。」

母はちょっと興奮気味。

沢山の手帳がワゴンの中に入っていました。

「どれにしようかしら?」

二人で良さげなのを探します。

「あ、これがいいっ!」

と母が手にしていたのは厚さが薄めでピンク色の可愛らしい手帳でした。

「うん、それいいんじゃない?」

「じゃぁ、これにするわ。」

そう言って、二人でレジに向った所、たまたまレジは混雑中。

ちょっと時間がかかりそうだなぁ。

そこで私は、レジと手帳売り場はすぐ近くだった事もあり、また手帳売り場に戻ってプラプラすることに。

すると、10歳前後の娘を連れた親子が手帳を物色していました。

私も再び売り物の手帳を手にとっては眺めたりしてたんです。

私がある手帳を手にした時でした。

「あの、ちょっとっ!!」

と、親子の母親の方が言って、な、なんと、私が手にしたその手帳をヒョイっと取り上げるではありませんか。

突然の出来事に、凄くビックリ!!

でもすぐに気を取り直し、
「あぁ女性が確保していた手帳だったんだ」と思って無言で見過ごしました。

ふと気付くと、女性の娘はじ〜っと私の顔を見てる。。。

何となく気まずくてレジの方に戻ると、ちょうど実母が会計をし終えた所でした。

歩きながら、今起きた出来事を母に話してみたんです。

すると、
「今時の若い母親って感じだねぇ。」

「若いって言っても、40歳はとうに超えている感じだったよ。」

「それにしたって、普通はそんな事はしないわね。」

そんな感じで母と会話していたら、無性に腹が立ってきた私。

「そうだよね?よく考えたら、おかしな話だわ。
人に取られたくないなら、手に持ってろっつ〜のっ!!」


何であの時腹が立たなかったのか、後から思えば不思議ですが、予想もしなかった出来事が起きたので、驚きの方が大きかったのかもしれませんね。

あー、思い出すとまたムカムカする。

それにしても、あの娘、母親の行動をどう見ていたのでしょうねぇ?

またまた、こんな親にはならないぞっ!!と思わされた出来事でした。


いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村

タグ:ムカッ
posted by かほこ at 20:18 | Comment(7) | TrackBack(0) | ムカッ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
セール情報


安心の全額保証です。



女の子のためのヒップホップ!!
こんなの待ってました。


娘にヒップホップ習わせたいけど、田舎だから近くに教室がないし、授業料が高い!!
これで自宅でいつでも習わせてあげられます。
時間も交通費も節約出来て良いことづくし。
母も一緒にやればダイエット効果のおまけ付き。


ベルメゾンのグルメ特集です。 お取り寄せ食材やスイーツも載ってるよ。
ベルメゾンネット





RDF Site Summary
RSS 2.0
検索
 
管理画面
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。