2013年10月31日

初ハロウィン☆

今日、子育て支援センターでハロウィンのイベントが開催されたんです。

そこで姫ちゃんも変装をさせて貰いました(*^_^*)

姫ちゃんハロウィン.jpg







可愛いでしょ☆(親バカ!)

魔女の格好です。


ハロウィンの格好を嫌がる子もいる中、姫ちゃんは何をされても動じず、あっと言う間に撮影終了!

職員の方に、

「姫ちゃん凄いね〜。全然泣かないね〜。堂々としてるわ。」

と褒められちゃいました(^^)v


それにしてもハロウィンなんて、いつから日本でもやるようになったのかしらね??



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 21:48 | Comment(7) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

久々に親友に会う。

私の親友の1人に、ウチの姫ちゃんと同い年の男の子を出産した子がいるんです。

姫ちゃんよりも約7ヶ月も先に産まれていますけどね。

その友人は姫ちゃんが3ヶ月の時にも遊びに来てくれています。

実は、その時に彼女に言われた一言で、私にとっては少し気になった言葉がありました。

玄関に旦那と結婚式の時の写真が飾ってあったのですが、それを見た親友は

「あー、まだ結婚式の時の写真を飾っているんだぁ。ウチは子供の写真が飾ってあるよー。」

親友は全く悪気なんてなかったと思うんですけど、私には長い間、子供が居ない事を気にしていた事もあって、つい敏感になってしまっているんだと思います。

ささいな言葉でも深読みしてしまう・・・

悪い癖です(*´Д`)=3


その後も、部屋とかに姫ちゃんの写真を一枚も飾っていなかった我が家。

玄関の写真もそのまま変わらず、結婚式の時のままでした(~_~;)


その親友が今日遊びに来る事になっていたんです。

玄関を掃除していた時に、ふと写真の事を思い出して、また同じ事を言われると嫌だなーと思って、姫ちゃんと撮った家族の写真に変えようと突然思いつきました。

そこで、その結婚式の時の写真と差し替えようとした時です。

今まで飾っていた写真が思いっ切りガラスに貼りついていた為、差し替える時に破れてしまった・・・

写真の半分くらいがガラスにひっついてしまってました。

すんごくショック!!(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

写真を長く写真立てに入れ続けるとこうなるのね。

勉強になったわ( ̄ー ̄;)。


久々に会った親友とは話が盛り上がりましたよ。

殆どが育児の事ばかりでしたけどね。

7ヶ月先輩なので、結構参考になりました^m^

姫ちゃんは私に似て(?)気が強いのか、親友の子供(男の子)と対等に遊ぼうとして、取られたおもちゃを取り返して、男の子の方が泣きかけたりしてました(苦笑)

親友の子は余り他人と関わる事がなかった事もあるからか(支援センター等に行った事がないとの事)人見知りも少しするようだったし、今日もよく泣いていました。

逆にウチの姫ちゃんは、人に凄く慣れていて母親を間違えているんじゃないかと心配するほど、色んな人の所へハイハイして行き、体によじ登ったりしていて人懐っこい感じです。

性格もあるでしょうが、支援センターにしょっちゅう出掛けているお陰もあるかもしれませんね。

今度は春くらいに会おうねと約束しました。

お互い、大きくなっているんだろうな(*^_^*)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

やっと更新。

またまた久々の更新です(^^;;

最近は、姫ちゃんのお昼寝時間が減ってしまったこともあり、のんびりとパソコンの前で記事を書く時間が減ってしまって・・・。

そして、、、私は長い間、風邪を引いてました。

旦那が風邪を引いて実家に帰っていた記事を以前に書きましたが、実を言うと、旦那が実家に帰っていた3日間(9月27日〜29日)、我が家の姫ちゃんは鼻水を垂らすようになっていたのです。

その頃は朝晩の気温差が結構ありましたし、鼻水を垂らすだけで特に熱を出したりということはなかったので、

「赤ちゃんなんてよく鼻水を垂らすものだから。」

と思っていたのですが・・・

姫ちゃんの鼻水がずっと続くなぁと思っていたら、旦那が帰宅して数日後から私までもが鼻水が出るようになってきました(ーー;)

しかも鼻声に。

更には咳もたまに出るように。

そして10月6日の日曜日は特に熱こそ出ないものの、体がだるくて体調が少しおかしかったです。

その日はいつもより早い10時に就寝。

そのお陰か翌日は体調は随分良くなったものの、鼻水と咳は止まらず・・・(>_<)

10月の第2週は、母子そろって鼻水垂らしていました。

でも、姫ちゃんはその週の週末にはもう鼻水を一切垂らさなくなったんです。

私が一人だけ、10月の第3週も鼻水を垂らし、鼻声でした。

先週末、ようやく鼻水も殆ど出なくなり、たまに咳が出る程度に。

やっとここまで来ました(^O^)


後から思えば、姫ちゃんは旦那に風邪をうつされ、私は姫ちゃんに風邪をうつされたのかもしれません。

だとすると、姫ちゃんは自力で治してしまったという事なのですかね?(´・ω・`)??

私は旦那と違って体が丈夫で、風邪なんて滅多に引くことなかったし、薬に頼ることも少なかったし、引いたとしても割とすぐに治っていたのに、こんなに長引いたのは今回が初めて。

慢性的な育児疲労と年齢的に体力が落ちてきたことが原因、ってトコでしょうか。

夜は1〜2回は起こされるからしっかりとは眠れないし。

母乳あげていて薬も飲めないから、ネギを多めに食べたり、フルーツ食べたり、体を温める位のことしか出来ませんでした。

こんなに長いこと風邪を引いてしまっていた自分にちょっとガックリしてしている今日この頃です(´-ω-`)

皆さんは、お気を付け下さいまし。





いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 15:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

イマドキの中学生

このあいだの3連休中、旦那の実家へ行ってきました。

夕食は実家の近くにある、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店へ。

個人でやっているお店なのですが、食べ放題なのに1050円とかなりお値打ちです(^O^)

私らがお店に入って間もなく、若い子達の団体がお店にやってきました。

男女合わせて14人ほど。

私たちからは少し離れた所の2つのテーブルに、男子と女子が分かれて座りました。


最初は特に気にもしてなかったのですが・・・

食事の途中で突然全員が立ち上がったんです。

「一体何事?」

と思っていたら、「席替え〜」と言って、今度は男女が混ざるよにテーブルに座ったんです。

「まさか、コンパ!?」

最初は高校生くらいかなと思っていたのですが、よくよく眺めてみると、な〜んか顔が幼い。

恐らくですが、中学校1年生くらいの子達だと思われます。

下手したら小学生くらいに見える子もいる一方で、大人っぽいというか色っぽい女の子もいました。

とは言え、やはり顔は幼いのですが、雰囲気は壇蜜さんみたいな。

ロングの髪の毛の片側だけを耳にかけ、ゆらゆらと光るイヤリングをして、ちょっと上目遣いで男の子とおしゃべりしているんです(゜ロ゜)

まだ暑いからというのもあるんでしょうが、肩を出したり、胸元が少し空いた服を着たりしている子も。

携帯やらスマホを片手に何やらやったりもしています。

「中学生なのにコンパ!?」

いや〜、オバちゃん驚いた(゚o゚;;

私が中学生の頃にはあり得なかった光景が目の前にあるのです。

いやいや、高校生でもなかったよ。


一緒に居た義母も義妹も、その光景に驚きます。

「イマドキの中学生ってあんな感じなの??」

「末恐ろしいわね。」

思わず、3人で何度もチラチラとそちらを見てばかりいました。

「なによ、あのおばちゃんたち!」

って思われていたかもしれません(^_^;)

旦那は

「うちの姫ちゃんが将来あんな感じになったら、俺は心配で仕方ないよ。」

と嘆いていました(^_^;)


旦那の実家のある辺りは、今私たちが住んでいる所なんかより大きな市です。

交通も発達しているし、ショッピング施設や飲食店、ゲーセンのような遊べる場所も多い。

その一方、私らの住んでいる所は、その手のお店は少ないし交通の便も悪いです(^_^;)

車は必需品だし、夜になると暗いところの方が多い感じ。

夜に子供が出かけられるようなところは余りありません。

そういった意味では、多少安心なのかもしれませんが、その年頃だと携帯やスマホは必需品になるんでしょうね。

姫ちゃんがお年頃になる頃は、時代もこの街も更に変わってるかもしれないですよね。

何だか、複雑な思いです(ーー;)


因みに、この食事に出かけた9月22日は私の誕生日でしたo(^▽^)o

“今年もあと残り100日”の日です。

一年はあっという間ですね・・・




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 13:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

ゴーヤが一杯

私はゴーヤが大好き☆

暑くなってきてスーパー等でゴーヤが売られるようになると、この時期が来た〜と嬉しくなります\(^ ^)/

7月位までは自分で購入しているのですが、8月に入った頃から買わなくても貰えるように。

母の知人には農家の人が結構いるんです。

母はソフトバレーサークルに入っているのですが、その中にも農家の人が何人か居て・・・

ある日、母はサークルに行った時に、

「ウチの娘がゴーヤが大好きでね・・・。」

と言った事がきっかけで、サークルに行くたびにゴーヤを貰うようになってしまった母。

サークル内にはゴーヤが好きな人が一人も居ないんだそうでいつも貰うのは母ばかり(^^ゞ

両親はゴーヤが好きではないので、ゴーヤは全部私の元へ。

やっとの思いでゴーヤを消化したと思ってもすぐにまた届きます。

お陰で毎年8月〜9月上旬はゴーヤ料理が立て続くのです(´・ω・`;)

嬉しいような悲しいような?


まぁ、旦那もゴーヤが好きだし、何も文句を言わずに美味しい美味しいと食べていますが、何となく申し訳なくて。

レパートリーも余りないもので(~_~;)

野菜炒め、ゴーヤシュウマイ、ゴーヤの漬物・・・

野菜炒めは味付けや他の具材をを変えたりして変化させてます。


でも、ゴーヤって凄く体にいいんですね。

美容にもいいし、夏バテ予防や、がん予防にも。

葉酸も割と多く含まれているので、妊娠希望する方や授乳中の方にもいいみたい(*^_^*)

カルシウムや鉄も含まれているようですよ。


もうすぐゴーヤの季節も終わります。

それまで、あと何本のゴーヤを貰う事になるのかしら??( ̄ー ̄;




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 12:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

なかなか・・・

今日はママ友についてです。

ママ友って難しい・・・


我が家の姫ちゃんが4ヶ月になった辺りから、市の育児相談や、子育て支援センターに足を運ぶ事が増えました。

通ううちに顔見知りになった人、親しくなった人が何人か出来て、保健師さんにも顔を覚えて貰えるほど。

今の私が思う、ママ友の理想は

「広くて浅いお付き合い」

「つかず離れずのお付き合い」

です。

ただ、やはり一匹オオカミというのは寂しいと思ってはいます。

そして、その中から「この人とは気が合う!」と思える人が1人くらいは見つかるといいな、と思っています。

個人的に会ったり遊んだり出来る位の。

そういう人って、きっと密に連絡を取らなくても仲良くいられたりするものだったりしますよね?

その時点でもう「ママ友」じゃないのかもしれません。

「ママ」が取れて、「友達」に?

そもそも「ママ友」って何なんだろう。

やはり、「友達」というより、ただ子供を通じての知り合いなんでしょうね。

でも、今の所、一歩踏み込めるような人は見つかっていないなー。

(ってゆうか、そこまでの関係になるにはまだ気が早すぎなんでしょうけど!?)

いずれにしても、大人になってからの友人作りってなかなか難しいですよねぇ。


私は多少親しくなっても自分から連絡先を聞く事はしません。

ただ、この人と親しくなりたいと思えるようになればこちらから聞くとは思います。

聞かれたら教えますけどね。


最近、特にちょっと親しくなってきた親子さんが2組(以下AさんBさん、とします)います。

どちらも姫ちゃんと同学年になる子供さんがいます。

私ら親子と3組で支援センターで会う事も増えてきたのですが、ちょっぴり面倒に感じる事もちょこちょこと・・・。


一人で行動するのが苦手のようであるAさん。

AさんとはBさんと知り合う前に親しくなりました。

自分が支援センターにお出掛けをする際は私とBさんに誘いをかけてきます。

最近はちょっと仕切るようにもなってきました。

「今日は支援センターで午前中から最後(15時)まで過ごしたいから、お弁当を持ってきてね。」

とか、

「今度子供をプールに入れてみたいから、良かったら支援センターの帰りに水着を買いに行きましょう。」

とか。

後は、月に一度の市の相談日があるのですが、

「こんどの相談日は行きますか?」

と聞かれたり、

「今度の相談日は行けそうにありませんので、ごめんなさいね。」

とわざわざメールが届いてきて、逆に私自身が行けない時はわざわざ報告しなきゃいけないのかしら?と思ってみたり・・・

まだBさんと親しくなる前に、Aさんから

「今度の相談日に私は行けないんですけど、どうされます?」

と聞かれたので、

「折角なんで、私は行きますね。」

と返事したら、

「一人で行くのですか?」

とわざわざ聞かれた時もありました・・・。


私は、一匹オオカミは寂しいと思いつつも、いつも皆で一緒に行動をする、というのが余り好きではないんですよね。

いつも同じメンツで固まっていたら、周りの人が近づきがたい雰囲気になってしまいそうで嫌だし、他の人と仲良くなる機会も減ってしまいそうだし。

いつも誘いに付き合っていたら、この先、どんどん私にとって面倒な関係になる予感がしたので、申し訳ないなと思いつつも、支援センターの誘いには行っても弁当は持たずに午前中で帰ったりとか、水着の買い物は断ったりとかしてました。

Bさんはいつもお付き合いしているようですが。


でもそんなBさんですが、1人でも行動する事が出来る人である事が分かってきて、気が合いそうだなーと思わず思ってしまいました。

実際に、1人で他の支援センターにも出掛けたりした事があったようです。

私とBさんが二人きりの時に

「ママ友って、よっぽど気が合う人でなければ、つかず離れずくらいがいい。」

みたいな事を言っていたし。

こういう人との付き合っていって、楽そうですよね。

私自身も、一人で支援センターに出掛けた事が何度かありますし。

Aさんもいい人だし勿論好きな方ですが、少し距離を保っていきたいとは思っています。


支援センターは0歳児の参加はやや少なめな感じですが、相談日は0歳児も多いです。

出来れば姫ちゃんと同学年の親子さんとの知り合いを増やせたらなと思うので、相談日は無理しない程度で極力出掛けたいと思っています。

もっともっと色んな人とおしゃべりをして、とりあえずは広く浅い付き合いを増やしていき、一人くらいは子供の存在は関係なく、私個人が深く付き合える人が見つかったら尚いいなぁ、と思う今日この頃です。





いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 20:32 | Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

トイレのふた

洋式トイレの蓋って、ちゃんと閉めます??


実は、めんどくさがりの私は蓋を閉めない事もしばしば・・・(~_~;)

逆に、な、なんとウチの旦那は必ずちゃんと蓋を閉めるんです。

普通は反対なんでしょうね。

これって女としてダメなのかしら??

でも、便座の保温スイッチが入っている冬場は節電効果があるかな〜と思って閉めますよ^m^


蓋を閉めるか閉めないかが夫婦ケンカの原因になったりする事もあるんですって。

たまたま知人の彼氏さんが、昔の元カノと別れた原因がコレだったとか(*゚0゚)ハッ

元カノは閉める派だったそうです。


その話を聞いてウチの旦那は、

「俺は閉めるけど、かといって閉めてなくても何とも思わない。」

私は、

「私自身は蓋は閉めたり閉めなかったりだけど、便座が上げたままなのは嫌だな。」

と話してました。

そうそう、いつだったか蓋を閉めた方が風水的にはいいと聞いた事があるけど、どうなんだろ。


ただ、外出先のトイレは蓋が閉まっていないトイレを選ぶかも( ̄ー ̄)

便器に何も残ってない事や、便座が綺麗であるかどうかが分かりやすいので。

蓋を開けたら前人者のお土産が残っていて驚いた過去があるんですよね(笑)

開けたらビックリ玉手箱〜(゜ロ゜)ギョェ

恐らくトイレに慣れていない子供の仕業だと思ったりもするけど、違うのかな・・・


一昔前は和式トイレしかなかくて、蓋をする必要なんてなかったのにね。




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

ようやくバッサリ。

妊娠後期からずっと伸ばし続けていた髪の毛をようやくバッサリ切る決断がつき、先日美容院へ行ってきました〜(^^)v

いつもはミディアムショートにする事が多かったのですが、今回はいつもよりも更に短くする事に。

イメージとしてはAKBの篠田麻里子さん。

でもいい歳して「篠田麻里子さん風にしたい。」と言う事に何となく抵抗が( ̄ー ̄;

どうやって伝えようかと悩みながら、美容院へ。

予約をしたにも関わらず、たまたまその日は少し混んでいて少し待たされたんです。

その間に店に置いてあるヘアカタログを見ながら、篠田麻里子さん風の髪型を探します。

運よく見つける事が出来たと同時に、名前が呼ばれます。

シャンプーの後、席へ案内され

「今日はどうします〜?」

と聞かれたので、ヘアカタログでこんな感じと伝えようとした時でした。

ここの美容院ではいつも、店員さんが客の年齢層等に合わせて適当にみつくろった雑誌が鏡の前に置かれるのですが、その雑誌の中に篠田麻里子さんが表紙になっている雑誌が置いてある事に気付いたんです。

そこで、

「こんな感じで〜。」

と篠田麻里子さんの写真を指差します。

「分かりました〜。今回は結構短くされるんですね。」

肩から更に15センチ以上はあったであろう髪の毛は、ザクザクッとアッという間になくなりました。

そして1時間程度でイメージ通りの髪型が出来あがり(*^_^*)

頭が軽くなりました。

家に買えると、姫ちゃんと留守番をしていた旦那が

「凄くいいや〜ん。本当に篠田麻里子みたい。」

と言ってくれて、テンションが上がります。

その後も実家の母親には

「若く見える。」

って言われたし、

ママ友さん(?)や市の保健師さんに

「痩せました?」

って言われたりもして嬉しかったですd(⌒o⌒)b ♪~♪ルンルン

ショートヘア〜.jpg
折角なので、記念に写真も撮ってみました。

姫ちゃんも一緒です^m^

シャンプーも驚くほど楽になったし涼しいし、
いい事づくしです。



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 21:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

冷蔵庫の製氷機が故障!

今日の記事は長いですが・・・この記事が参考になる人が世の中に1人でもいるかもしれないので書いてみます。


結婚した時に購入した冷蔵庫の製氷機が突然故障してしまいました(>_<)

三菱の型式MR−S40NE(2004年製)

症状は、製氷皿に氷が作られるものの製氷庫に氷が下に落ちず、なのに次の水が供給されるため製氷庫にスケートリンクの様な板状の大きな氷が出来るというもの。

中を覗きこんでよくよく見てみると、製氷皿の根元(回転部分)が割れているように見えました。

こんな故障があるものなのか、一応ネットで調べてみる事に。

すると出るわ出るわ・・・三菱製冷蔵庫の製氷機の故障に関する事が。

どうやらこの時期(2003年〜2005年が中心)に作られた三菱冷蔵庫にとても多いトラブルである事が判明。

製氷皿が割れやすい構造、ならびに割れやすい材質を使ってる模様。

しかもこの頃製造された一部の機種ではリコール対象になっていた〜!!w(゚ロ゚;w
→参考:三菱のサイト

残念ながらウチのは該当せず(*´Д`)=3

でも、リコール対象外の製品であってもこの頃に作られた冷蔵庫の製氷機の故障を無償で直して貰った人が結構いる事を知りました。

どうやら三菱側でもリコールこそは出さないものの、この頃の冷蔵庫の製氷機のトラブルは設計上のミスがあったものと認識を持っているためか、無償で直す事も多いようです。

検索をかければ、某有名相談サイトや価格.comのクチコミにそのような事が沢山書かれています。

でも・・・書かれている時期がかなり前のものばかり。

最近書かれたモノでも2011年くらいかな。

9年目を迎えている我が家の冷蔵庫は無償の修理は無理かも〜、と嘆いていた所、ふと思い出したんです。

そういえばウチ、ヤマダ電機の安心会員に加入していたやん!( ̄ー ̄)

これは他店で購入した家電でも6年または9年間、無料で修理してくれる制度です。

詳しくはこちら

慌てて規約を確認すると、冷蔵庫は9年間保証してくれる事が判明。

但し、消耗品は除くとの事。

まぁ、それは当り前の話なんでしょうけど。

製氷皿は消耗品になるのかどうか・・・微妙な所Σ(゚∀゚*)

とりあえず、ヤマダ電機に問い合わせをしてみた所、やはり製氷皿は消耗品に当たるため有償修理になると回答を貰いました。

しかしながら、故障の原因が製氷皿でない可能性もあるため症状を実際に見てない事には正確な回答できないので、金額等の詳細は改めて三菱から連絡があるからその際に聞いて欲しいとの事でした。

とりあえず申し込みをした所、三菱から1時間半後くらいに連絡が。

男性かと思ったら女性でした。

その女性は故障内容の簡単に確認をし、

「明日伺いますが宜しいですか?」

といきなり話を進めてきたんです。

話の中に費用の話題が一切出なかっため、

「あの〜有償だった場合、大体で結構ですがどの位の費用がかかりそうか解りませんか?見に来るだけでも出張費としてお金がかかりますよね?余り高いようならお断りしようかとも思ったりするのですが。」

と言うと、何故か一瞬間があったんです。

「あの、ヤマダ電機さんからは何て言われたのでしょうか?」

とちょっと不思議そうな感じ。

私はその瞬間「あ、この製氷機の故障は三菱側にとっては無償扱いのつもりなのかも。」と感じたので、

「結局は実際に見てみない事には解らないと言われましたもので。」

と、有償扱いだと言われた事をあえて言わず誤魔化したんです(=゚ω゚=;)

「さようでしたか。費用はこちらからヤマダ電機さんに請求させて頂きますので、お客様が負担する必要はありませんよ。」

それを聞いて、頭の中は「???」

有償かもしれないと言われたと伝えただけなのに、何でそんな事を言うんだ?(・∩・)?

やはり無償なのを前提に話をしている感じだなと。

「それって、無償だった場合の話ですよね?有償だった場合は直接そちらに支払いをするんですよね?」

と言うと、その女性は少し戸惑った感じで、

「有償だった場合でも、こちらはヤマダ電機さんに請求をしますので、後からヤマダ電機さんにお客様が支払いをする事になります。」

思わず「え?」

そんな事ってあるの?おかしくない??

普通はそんな面倒な事せずに、メーカーに直接払って終わりじゃないの?

なぁんか言っている事がさっきから変な感じ( ̄□ ̄#)

そして一応、

「有償だった場合、修理を頼まないにしても出張費等がかかると思うのですがそれがどれ位かくらいは分かりませんか?」

と尋ねてみたんです。

すると、

「申し訳ありませんが、金額についてはヤマダ電機さんで確認して頂けませんでしょうか?」

と言うのです。

これまた思わず「は?」ですよ( ̄□ ̄#)

「でも、詳細は三菱さんに相談して聞いて下さいと言われたんですけど・・・。」

「さようでしたか。ただ、こちらでは訪問日の確認をするだけですので、申し上げられないんです。」

との事。

修理に来る方からの電話かと思ったら、ただのコールセンターの人だったようです(」゜ロ゜)」

なぁんか色々疑問を抱えながらも、訪問当日にサービスマンから連絡があるとの事だったし、とりあえず訪問日を決定し電話を切ります。

もしかしたら無償化かも?という期待をしながら、もし有償だと言われても何とかならないかと改めてネットで調べてみます。

ネットでこの手の製氷機の故障は多発していて無償で直して貰っている人が多い事や、設計上に問題があると訴える等、ゴネれば無償になる可能性が高いとの事。

何とかそれで頑張ってみようと決心します。


そして訪問日の朝。

サービスマンから連絡がかかってきました。

訪問時間の確認だけして電話を切ろうとするので、慌てて

「あの、今回の故障で有償だった場合、どれ位かかるか大体でも教えて頂けませんか?」

すると、

「製氷機の故障ですよね?こちらの故障は無償扱いになるので大丈夫ですよ。」

実際に冷蔵庫を確認した訳でもないのに、いきなり「無償」の言葉が出てビックリw( ̄Д ̄ w

一体どういう事なのか?


その後やってきたサービスマンは、症状を確認し、

「やはり製氷皿が割れていますね。製氷ユニットごと交換しますね。」

と言うので、製氷皿だけの交換じゃないのかな?と疑問に思いながら、

「実はヤマダ電機さんには、製氷皿は消耗品だから有償だと言われたんでどうしようかと思ったりもしたんですけど、無償で良かったです。」

と言ってみる私。

「この製氷ユニットにはモーターやセンサーが取りついていますし、消耗品にはなりませんよ。」

「えっ?製氷皿以外も壊れていたのですか?」

「いえいえ、壊れていたのは製氷皿だけです。ただ、ユニットごとの交換なら無償になりますから、こちらの判断でそうしてます。その辺はヤマダ電機さんとも暗黙の了解と言いますか・・・。」

ふぅん、なるほど・・・Σ(゚∀゚*)

ネットで調べた感じでは、交渉によって無償になった方が多かった訳ですが、今回の場合はヤマダ電機が間にはさんでいるので、私が交渉する必要もなく無償になったんだなと判断。

そして、実際に冷蔵庫を見ることなく「無償だ」と言えたのは、やはり三菱がこの手の故障を把握していたからだと思われます。

「それにもし有償の可能性があれば、予想できる費用をこちらからある程度は事前に提示しますよ。」

確かにそりゃそうだよね。

因みに、もし有償だった場合、費用はどのように払えばいいか尋ねてみたら、ヤマダ電機はもう関係なくて直接この場で払うと言っていました。

やはり、コールセンターの女性はおかしな事を言っていた訳になりますね。

そして有償で直した場合の費用を尋ねてみたら、製氷皿のみの場合で約1万、製氷ユニットの場合で約1万5千円との事でした。


・・・それにしてもヤマダ電機の安心会員、結構使えるじゃないのさ!
( ̄ー ̄)

ネット上では余り使えない制度だと叩かれたりもしているようですが、とりあえず私は利用できました。

それに今回来ていただいたサービスマンも、

「結構使えると思うから、私もこれに加入しているんですよ。」

と言っていたし。

もう解約しようかとも思っていたけど、もう少し続ける事にしようと思います。

パッキンの様な明らかに消耗品の場合は当然費用がかかってくる訳ですが、どちらなのか悩むような故障の場合は、ヤマダ電機に電話する前にメーカーの事業所に消耗品に当たるかどうか等を聞いてみて、ヤマダ電機の安心会員に入っているけど何とか無償で修理できないか相談してみるのも手なのかもしれませんね。

ヤマダ電機を通しての修理なら、メーカーが直接腹を痛める訳ではないのだから、上手い事やれる案を出してくれるかも。

ただ、この制度、一度利用すると折角割引されて3066円になっていた年会費が、翌年には3832円に戻ってしまうのがちょっと残念な感じ。

今回の場合、ネット上ではゴネれば無償になると書かれていただけに、この制度を利用しなくても頑張れば無償に出来たんじゃないかなーと後から思ったりもするのですが、それは有償になるかもしれないリスクのある話なわけで・・・。

それにその場合は製氷皿しか交換にならなかったと思うので、ユニットごと交換でき、モーターやセンサーまでもが新品になった訳だからまぁ良しとしよう、という感じです(=゚ω゚=;)

余り参考ならないかもしれませんが、この記事がもし誰かのお役に立てたなら嬉しいし、コメントで「参考になったよ。」と一言でも残して貰えたら更に嬉しく思います(*^_^*)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 22:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

100日経過。

我が家の姫ちゃんが産まれてから100日が過ぎました。

長かったような短かったような・・・???

体重も恐らく6500グラムほどあると思われます。


じゃあ私の体重はと言えば???

実は私は妊娠中に、な、何と12s近く増えました(~_~;)

食べづわりだった事もあり、妊娠3ヶ月で一気に4sも太ってしまったのです。

お医者さんには

「体重をもっとセーブしないとダメですよ。」

とおしかりを受けました。

何やら体重が増えすぎた人のため用の書類を貰ったりもしたし( ̄ー ̄;

でもその後は何とか、月に1s以内におさえる事が出来たんですよ。

推奨体重増加表によると、妊娠前のBMI値が25以下なら週に0.3s〜0.5s、全部で12sまで増えても大丈夫と書かれています。

なのに最初の段階で体重が増えすぎた事もあってか、毎回検診の度に母子手帳には

「体重に注意」

と書かれていました。

最後の最後まで「体重に注意」と書かれてしまった私・・・(~_~;)

私の病院ではどうやら推奨体重増加表よりはもっと体重が少なくないとダメという考えだったのかもしれません。

最終的に約12s増えた私は、出産した翌日に体重を計った所、7sも減っていたんです( ̄ー ̄)

「以外と減るものなのね。」

と喜ばしく思ったものの、それは甘かった。

5日後の退院時に再度測ってみたら、約1.5sも増えていたんです・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ 

看護師さんに

「皆さん、出産直後よりも1、2sは太るんですよね。」

え〜っ!!!そうなの〜!!?w( ̄Д ̄ w

12s−7s+1.5s=6.5s

元に戻るには6s以上も体重を落とさないといけないなんて・・・(>_<)

ぶよぶよしているお腹をみて、ため息をつく私なのでした。


そして妊娠前に身につけていた下着のショーツを久々に引っ張り出した時に凄くビックリ!

「えっ?私、こんな小さなショーツをはいていたんだ。」

直前までマタニティ用の大きなショーツをはいていてそれに慣れてしまった事もあり、とてもそれらの下着を身につける事は出来ませんでした。

やはり大きなショーツの方が楽だもの・・・Σ(゚∀゚*)

仕方ないのでしばらくは、妊娠初期から中期位まではいていたショーツを履く事に。


退院直後は慣れない育児のお陰もあってか1週間程度で1s程度はあっという間に落ちました。

そして1ヶ月検診の頃でなんとか2s程度落ちました。

残り約4.5s。

ところがその後は育児に多少慣れた事もあってかなかなか落ちない!!(°◇°;)

やばいなぁと思いながら、3月上旬に自宅に戻ります。

それからは昼間一人で育児をやっていたお陰か、1週間程度で1sが落ちました。

残り3.5s。

そして現在、自宅に戻ってからもうすぐ2ヶ月が経ちます。

体重は・・・

更に2s程度が落ちました〜!!!!!(^^)v

やっと残り約1.5sまでに辿り着きました。

後少しだ〜〜〜!!O(≧∇≦)O


しかしですね。

実を言いますと、結婚後の一番やせていた時の体重と比較すると、残りの1.5sを落とす事が出来たとしてもまだ5sほど多いんです(*ノω<*)

この調子で、本当の意味での元の体重に戻る事が出来たら嬉しいなぁ・・・(*^▽^*)♪

授乳中は痩せやすいそうなので、いっちょ頑張ってみるとします。





いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 20:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

逆に損した!

出産前の臨月の頃に某ドラッグストアで買い物をした時の話です。

商品を購入しレジに並んでいた時、レジの傍に激安のラップが売られていました。

値段は、な、なんと58円。

「めっちゃ安!」

そう思って思わず手に取り、カゴに入れたんです。

そのドラッグストアのオリジナル商品でした。

何日か経って、今まで使っていたラップがなくなったのでその58円ラップをおろします。

いざ使ってみると・・・

超使いにくい!!!!

まず、スムーズに回転してくれない。

綺麗にラップがはがれない。

そして、切りにくい。

こんな使いにくいラップ使った事ないワヽ(#`Д´)ノ


使う度にストレス溜まるラップ・・・(*'へ'*)

あぁ、安いからといって買うんじゃなかった。

大後悔(>_<)

早く無くならないかなーと思って、わざと器より大きめに切ったりして(~_~;)

そうこうしている内に、私は出産。

私が実家で過ごす間、旦那がそのラップを頑張って使ってくれたお陰で随分減っていて、すぐに全部使い切る事が出来ました(*^_^*)

旦那も

「凄く使いにくかった。」

とぼやいてました。

もう二度と買わないぞ!58円ラップ。




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

ベビーカーが当たる!、かも。

最近、なかなかブログが更新出来ずにおります、かほこです(~_~;)

やっぱり、育児って大変ですね。

赤ちゃん用品はほぼ揃えましたが、実は我が家ではまだベビーカーは購入してなくて。

私はベビーカーは軽さ重視だったのですが、旦那は機能性重視。

そんな事もあってベビーカー選びでは軽く揉めたのです(~_~;)

結局、これだけは産まれてから考えようという事になり、ずっと保留に。

購入経験のある方、どちら重視されたのでしょうか?

そろそろ購入しなきゃなと思っていたら、今、アップリカであるキャンペーンをしている事を知ったんです。

それは・・・

ぴかぴか(新しい)軽量ベビーカーの最新モデルのモニターになれるというものぴかぴか(新しい)

これはダメ元で応募するっきゃないでしょ!

という訳で、早速応募する事にしました(*^_^*)

「私も気になる!」「応募したい!」と言う方は、
こちらへ↓↓↓↓
アップリカ エアリア先行モニターキャンペーン

もうすぐ暖かくなってくるし、これで外を散歩したいものです。

当たるといいなぁ・・・・(^^♪



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 10:23 | Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

覚え書き。

久々の更新です。

なかなかお世話になっている方の所にお邪魔できなくて申し訳ないです。

今日は出産に至るまでの事を忘れないために、これだけはここに記録しておこうと思います。

とても長くなりますし、読んでもあまり面白くないと思われますので悪しからず・・・


1月10日(木)

午前中、39週1日の妊婦健診へ。

医者に子宮口の開き具合を確認され、

「まだまだ固いなぁ。こりゃ予定日過ぎますね。」との事。

胎児の推定体重約3650グラム。

産まれるときには一体何グラムになっているのだろうと不安に。

しかしその日の夕方、茶色っぽいおりものが出る。

「おしるし?」と思ったけど、少量過ぎてよく分からない。


1月11日(金)

この日もおしるしらしきものが。

今度は粘度の高いおりものである。

色は微妙に茶色いかなっていう程度で、これまたおしるしかどうかよく分からない。


1月12日(土)

早朝の4時ごろに、お腹の痛みを感じて目が覚める。

いよいよ陣痛なのかと気が焦る。

陣痛の間隔を計ってみると約15〜20分。

6時過ぎ、会社へ行くため旦那が一人で起床してリビングへ。

その時もまだお腹の痛みがあったけど、旦那にその事を伝えるのはとりあえずやめる事に。

6時45分頃に「んじゃ会社に行ってくるね。」とベッドの私に声をかけに来る。

その頃には何故か痛みが治まっていたので、「行ってらっしゃい。」と送り出す。

昼ごろから部屋の掃除をしようと、整頓をしたり、掃除機をかけたりする。

15時過ぎごろからまたたまにお腹に痛みが走り出す。

でも間隔は長く、30〜40分に一回程度。

17時ごろから普通に夕食の準備をしだす。

何となく二人きりでの食事が最後である気がして、献立は旦那の好きなハンバーグにする。

18時ごろお風呂に入る。

18時半に旦那が帰宅し、お風呂へ。

19時すぎに食事開始。

その間も2回ほどお腹に痛みが走る。

出産が近づいた不安と、二人での食事がもう最後かと思うと何となく急に寂しい気分になり、思わず少し泣いてしまう。

そんな私を見て、旦那も複雑な心境だったと思う。

その後もお腹に痛みが定期的に走るのは続く。

これはもう陣痛だと思い、陣痛の間隔を計る。

この頃、大体20分間隔。


1月13日(日)

0時を過ぎても20分間隔が変わらないのでとりあえず寝室へ。

ベッドの中でも陣痛の間隔を計る。

痛みでまったく眠れない。

夜中の2時になった辺りから15分間隔に。

3時を過ぎた辺りから10分間隔に近づいてくる。

5時を過ぎた辺りになると間隔が10分を切ることも何度かあったため、病院に電話。

しかし、

「初産だからまだ早いと思う。間隔が5分になって痛みが1分続くようになったらまた電話して。」

と言われたので、もう少し家で待機することに。

なかなか5分間隔にならないので、8時ごろ朝食を取ることに。

その後も計り続けるも、なかなか5分間隔にならない。

昼になってもせいぜい7分間隔がいいところ。

とりあえず昼食を簡単に取る。

13時が過ぎたころ、急に陣痛の間隔が長くなる。

20〜30分に1回に。

心配になり、14時過ぎごろにまた病院に電話。

「さっきまでの痛みは多分前駆陣痛だろうから、また5分間隔になるまで待ってみて。」

との事。

後ちょっとで5分間隔になると思っていたのに、また一からやり直しかとちょっとガックリする。

15時を過ぎたころから、15分間隔に。

16時を過ぎると10分間隔になってくる。

18時を過ぎて、5〜7分間隔に。

この頃から痛みも少し強くなる。

体力をつけるためにも、食欲はなかったけど夕食を少しとる。

いよいよかと思いながら19時過ぎに風呂へ。

痛みの間隔が短いので、10分ほど浸かるので精いっぱいだった。

でも体がすっきりして気持ち良かった。

風呂を出た辺りからほぼ5分間隔になり、痛みも1分ほど続くように。

でもまた前駆陣痛だといけないと思い、もう少し様子を見る。

5分を切る事も増えたし、痛みが1分は続くし、痛みも強いので、21時前に再度病院へ電話。

「うーん。まだまだだと思うんだけど、病院まで約25分かかるとの事ですし、まぁそろそろ来て貰ってもいいですよ。」

と、微妙な回答。

いよいよ病院に行くんだーと不安ながらも少し気合が入る。

準備をして旦那の運転で病院へ向かい、21時半ごろに到着。

まずは助産師さんが子宮口を確認する。

4センチ開いていると教えられ、大事な部分の毛を剃毛され、いよいよLDRの部屋に通される。

(LDRとは陣痛室・分娩室・・回復室が一つになった部屋で移動の必要がない)

病院服への着替え&破水用のもの凄くデカいパッドをするように指示を受ける。

パッドの余りのデカさに少し恐怖心が湧く。

お尻に浣腸をされ「3分は我慢してください。」と言われたが、2分が限界で慌てて部屋の中にあるトイレへ走る。

その後、お腹に何やら機械が取り付けられ、助産師さん退室。

はっきり分からないけど、お腹の赤ちゃんが元気なのかと、陣痛の具合を調べるものだと思われる。

1時間位だったか、仰向けで機械をつけた状態で陣痛を耐える。

この時もお腹の赤ちゃんは私のお腹をよく蹴っていた。

元気そうである。

旦那が横で痛がる私を応援してくれる。

助産師さんが戻ってきて、機械を外された後、

「陣痛の山がまだ小さいかなー。何かありましたら、ナースコールをしてください。」

と言われ、また旦那と二人きりに。

痛みが走るたびに旦那が背中をさすってくれた。

どんどんと陣痛の間隔が短く、陣痛の時間が長く、痛みの強さが増してくる。

辛い、辛い、辛い。

「痛〜い!」

「痛すぎる。助けて〜!!」

「もっと強くさすって〜。」

我を忘れて叫ぶ私。

ただ、息を吐くことに意識を向ける事と、目を決して閉じない事だけは意識していた。

これは本に書いてあった事。

途中から仰向けの状態が辛くなってきたので、四つん這いの体勢に。

背中をさすって貰っても全然ダメで、肛門をさすって貰うことに。

痛くない時間がほぼなくなってきて、とにかく辛い。

旦那に肛門をひたすらさすってもらう。

「手が筋肉痛になる〜!!」

としんどそうにしていたので、悪いなと思いながらも、

「ごめ〜ん!悪いけどその手を止めないで〜!!」

と何度も叫ぶ。

「あぁ〜っ!!!!!!」

最後の方は言葉にもならない事を、ただただ叫んでた。

ここまで来ると、気付くと呼吸は乱れているし、目を閉じてしまったりもしていた。

この極限の状態で、本に書いてあった通りの呼吸方法や出産方法ができる人っているんだろうかと、ちょっと思った。


1月14日(月)

この辺りからいきみたい衝動が強くなり、いきんではいけないと思いながらも何度か勝手にいきんでしまった。

よく時代劇とかで天井から吊るされた綱をつかんで出産するシーンがあったりするけど、私もつかむ綱が欲しかった。

そんな中、旦那が

「おいっ!いつの間にか大量に破水しとるぞ。」

パッドに手を当ててみると、パッドからお水が溢れて外に漏れていてビックリ。

何となく少しだけお水が出たような間隔はあったけど、外に漏れるほどこんなに大量に出ていたとは全く気付かなかった。

慌ててナースコールを押す。

すぐに助産師さんがやってきて、パッドを取り外し、私のお股を確認。

「排臨してるわ。」

(排臨とは赤ちゃんの頭が出たり入ったりすること)

そうつぶやいて、「今すぐ来て。」と別のもう一人の助産師を電話で呼び出してた。

実は私自身も頭が出てきているような感覚があったのは確か。

思わずいきんでしまったからでしょう。

その時、時計を見たら確か0時20分位だった気が。

ここからまだ2時間くらいかかるものだと覚悟。

いよいよベッドを分娩台に変える準備に入る。

「まだいきんじゃ駄目よ。」

と言われたものの、助産師さんが準備している最中、いきみたい衝動に駆られ、

「いきんじゃうよ〜。」

と言うと、助産師さんが会陰を押えていきまないようにしてくれたりしてくれる。

そしていよいよ出産の体勢へ。

旦那が横で私の手を握ってくれる。

助産師さんの指示に従って呼吸をし、いきむタイミングをつかんでいく。

「そうそう。うまい、うまい。その調子。」

助産師さんが褒めてくれる。

産む瞬間が一番辛いかと思っていたけど、意外とさっきまでの陣痛の方が辛かったなと思いながらいきむ。

4回目のいきみの時に、ポコッと何かが出た気が。

「あれ?」

と思いながら、5回目のいきみをしたら、スルスルっと赤ちゃんが出されたのが分かり、

「あ、出た。」

と口ずさんだ瞬間、赤ちゃんの産声とともに、お股の向こうから赤ちゃんが見えた。

4回目のいきみの時に、恐らく頭だけが出たんだと思われる。

「え?もう終わり?」

時計を見ると0時40分辺りを指していて、またビックリ。

出産の体勢に入ってからあっという間に赤ちゃんが出てきたので、正直拍子抜け。

すぐにいつも診察してくれた院長がやってきて、私のお腹の上にまだ血のついている赤ちゃんを乗せてくれた。

赤ちゃんの脇を私が支える。

何とも不思議な気分。

そして院長は旦那にへその緒を切るように促す。

旦那は手が震わせながら、なかなか切れないへその尾に何度かハサミを入れてた。

助産師さんに

「胎盤を見てみたいですか?」

と聞かれて、

「見てみたいような、見てみたくないような。」

と答えている内に、スルスルっとお腹から出されて見せられる。

想像以上に大きくて手のひら以上のサイズで、しかもそのグロテスクさにビックリ。

その後、院長が会陰を縫ってくれたが、その方が痛くて、

「痛い、痛い。」

と思わず声に。

どうやら、ほんの少しだけ会陰が裂けたようで。

後から知ったけど、この病院は会陰切開はしない主義だったようで、自然に裂けた方がいいという考え方のようだった。

そして大きな産褥パッドを当てられ、綺麗にされて服を着せられた赤ちゃんを私の脇に添い寝。

その状態でしばらく安静にするように言われる。

旦那が

「最後はあっという間だったな。」

と私と同じことを思ったよう。

そして

「産むときの方が余り辛そうじゃなかったね。」

とつぶやいてた。

それにしても私は立会出産はしないつもりだったのに、何だかんだ旦那が立ち会う事になってしまった。

体をさすってもらわないととても耐えられなかったから、結果的にそうなった。

今となっては立会で良かったと思う。

実は陣痛を軽減したり、出産を促進するアロマを持ちこんでいたけど、旦那にマッサージして貰う事しか頭になくて使用するまでもなく終わってしまった・・・

1時間後だったか、また助産師がやってきてパッドを交換。

「出血は少ない方だね。もうしばらく安静にしてね。」

との事。

ずっと天井を向いていないといけないのが少し辛かった。

少しして再度交換にやってきて、出血具合を確認。

「うん、大丈夫ね。」

またパッドを交換され、もう少し安静にするように言われる。

どうやら出血は平均よりも少なかったよう。

産後の回復も早いでしょうとの事。

しばらくして

「では個室に移動しましょう。」

とベッドから起き上がる。

その時、お腹がペタンコになっていて、今までと違う感覚だったため、ちょっとふらついてしまう。

「じゃあ、まずはトイレでおしっこをしてきて。」

「え?しみそうで怖いんですけど。」

「寝る前にちゃんとしなきゃだめなのよ。」

洋式便座に座り、恐る恐るおしっこを出す。

多少しみたけど、思ったよりは大丈夫だった。

車いすで個室へ案内される。

部屋のテレビにはさっき産み落とした赤ちゃんの新生児室での様子の映像が流れていてビックリ。

様子が見れるのはとても良かった。

そしていよいよ就寝。

旦那は脇のソファベッドで一晩泊まることに。

時計を見ると、3時半を回っていた。

体はもの凄く疲れているのに、体が興奮状態だからか結局朝まで眠れなかった。

仕方ないのでテレビに映る我が子の様子をずっと観ていた。

「やっと、ひと仕事が終わった。怖かったけど私にも産めた。」

そんな気持ちで一杯の夜だった。


※追記。私が安産の為にした事。
・30分程度のウォーキングを4ヶ月の頃から毎日続ける。
・安定期を過ぎた辺りから会陰切開を防ぐため、カレンデュラオイルで会陰周辺を風呂上りにマッサージ。
・安産のための体操などを安定期後くらいから少しずつ。臨月の頃は内容を濃くした。
・臨月の頃から陣痛を促進するアロマを毎日焚く。
・出産の2週間前からラズベリーリーフティを飲みまくる。

効果はあったのでしょうか、ね??



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
posted by かほこ at 01:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

流れ星

出産予定日が目の前に迫ってきました。

先日記事にした職業訓練校の妊婦仲間の一人が出産予定日過ぎた年末に出産したと連絡がありました。

そして、これは記事にしてませんが、私が住んでいる市で行われたマタニティ教室で知り合った人で私と出産予定日が全く一緒だった人からも正月に出産したとも連絡がありました。

いよいよ私の番、ですね(~_~;)

以前も記事にしましたが、8〜9ヶ月の頃は精神的に少し不安定で涙が出てきてしまったり、夜も寝付きが悪かったり、何度も目が覚めたりしていた私。

寝付きが悪いと色々考えたりしてしまっていたし、目が覚めるとなかなかまた眠れなかったりしたし、結構辛かったですね( ̄0 ̄; )

でも何故か最近は泣く事もないし、夜の寝付きもよくなりました。

出産の恐怖は相変わらずあるんですけどね(>_<)

なのに以前よりは精神的に安定してきたのは、覚悟が出来たというよりも、諦めがついたといった方が正しいかもしれません。

どうあがいても出産の痛みからは逃げられないもの。

2人からの無事な出産報告を聞いたから、少しは安心したのかもしれません。

ただ、夜中に何度も目が覚めるのは相変わらずです(;≧皿≦)

目が覚めるのは寝返りを打ちたい時に目が覚めるようで、寝返りを打てばすぐにまた眠りにつけるので特に問題はないのですけどね。

この時期って、眠りながら自力で寝返りって打てないものなのですかね??

やっぱお腹が重すぎて無理なのでしょうか。


ちょっとでもお腹が張ったり、痛みが走ったりすると「ドキッ!」とします。

陣痛が来たか?って。

少しでも早く産んで終わらせたいと思う一方で、後回しにしたいという思いもあります。

これはお腹の赤ちゃん次第なんでしょうけどね。


話は変わって、タイトルの「流れ星」について。

実は2日前のナイトウォーキングで流れ星を見たんです。

ウォーキング中、流れ星はたま〜に見かける事はあったのですが、今回見たのはとても明るく大きな星で、しかも流れている時間が長かったのです。

私はたまたま「どれが北斗七星なんだろう」と空を見上げた瞬間に流れたので、初めから見る事ができました。

旦那は空を見ていた訳ではなかったですが、その星が明るくて大きく普通よりも長い時間流れた事もあり、流れ星が視界に入った為に気付き、見る事が出来たようです。

二人で「あ〜っ!!」って叫んでました(*゚ロ゚)w

「今の流れ星凄かったねー。」

「あんなの初めて見た。」

あんな流れ星を見たのは初めてで、二人で大興奮ヽ(゚ロ゚;)。

何かいい事があるといいなー☆(*^_^*)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 11:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

おめでとうございます☆

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

正月は割とのんびり過ごす事が出来ました。


正月の出来事を簡単に。

1日の夜は、私の叔父(母の実弟)の家へ旦那と私の両親とでお邪魔しに行きました(*^_^*)

独身時代は毎年、ご飯をよばれに行ったりしていましたが、結婚してからは一度も正月に顔を出した事はなかったんです。

だけどお盆におばあちゃんの仏壇にお参りに行った時に、

「正月も遠慮しないでおいでよ。」

と叔父に言われた事もあり、9年ぶり位に正月にお邪魔する事になりました。

旦那が正月に私の叔父の家に行くのは初めてです。

今年は昨年東京で結婚した従弟夫婦もやってくるという事で少し躊躇しましたが、結局は行く事に。

叔父の家に行くと、必ず叔父自身が仏壇の前でお経を上げてくれます。

「もうすぐかほこちゃんに赤ちゃんが産まれるから、無事産まれるようしっかりお願いしておこう。」

と言ってお経を読み始めたものの、何故かすぐにお経がストップ。

喉に痰でも絡んでしまったのかと思っていたら、突然叔父がオエツをあげたんです(;・д・)

ビックリしていると、「ゴメン。」と絞り出すように言って、10秒ほどして何事もなかったようにまたお経を読み始めました。

今まで何度も叔父にお経を上げて貰っていましたが、こんな事は初めてで本当に驚きました。

母はそんな叔父を見て、少し涙していました。

一体叔父に何があったのか・・・ヾ(・_・;)

そんな事聞く勇気もないまま、その後は普通にすき焼きパーティが始まりました。

食事は叔父が一番テンション高かかったですね。

因みに、従弟の奥さんとは殆ど会話することなく終わってしまいました。


2日目の夜は、旦那の実家へ。

義妹一家も一緒です。

カニ鍋&お寿司の皿盛りが出されました。

お寿司はかなり豪華で、ウニ・中トロ・カニ・エンガワなどなど。

好きなものばかり\(^ ^)/

つい食べ過ぎてしまって、超苦しかったです。

ちょうど私がトイレに行っている時に、旦那が義妹の子供二人にお年玉をあげていました。

トイレから戻ってきた時、蓋の開いたぽち袋が床に放ってあってただただビックリ(; ̄Д ̄)

その場ですぐに中身を確認したようで・・・

実は昨年もその前の年もそうだったのですが、この義妹の子供たち(上は小4、下は年長のどちらも男の子)はすぐにお年玉の中身を確認するんです。

私はそれを目の前で見るのが何だか嫌で、今年は私が居ない時にお年玉を渡すように旦那にお願いしてありました。

今年からはノリ付けしておいたのですが、意味なかったみたいΣ( ̄□ ̄lll)

しかも後から知ったのですが、下の子は

「去年と一緒かぁ。」

とわざわざつぶやいたそうで。(因みに下の子には1000円)

幼稚園児にそんな事を言われるなんて、正直ちょっと腹立だしいΣ(-`Д´;)ノ

1000円貰えれば十分でしょ?って言いたい。

こんな事、言っちゃあ何ですが、義妹の下の子はしつけが余りなっていない感じで、「それってどうなの?」と思う事がしばしば。

義父をけっ飛ばしたり下の名前を呼び捨てしたり、公共の場で騒いだり、運転中の車の中で動きまわったりなどなど・・・

義母ですら「しつけがなってない。」と私にぼやく位ですから。

だけど、私に言わせれば義母も甘いじゃん!って思う事はあります。

旦那も「下の子は特にしつけがなっとらん。この先どうなるのか。」と言ってはいます。

お年玉をその場で開けるなんてマナー違反だと思うのですが、どうなんでしょうか?

私が子供の時は誰に言われるでもなく、その場で開けるものではないと思っていた気がするのですけどねー。

私らは義妹一家よりも先に帰る事にしたのですが、その時、義妹の旦那が子供たちに

「おじちゃん達にお年玉のお礼をしなさい。」

と言ったので、上の子は「ありがとう。」とこちらを見て言っていましたが、下の子はゲームをしながらこちらを見ずに「ありがとう。」と言っていたので、義妹の旦那に怒られていました。

さすがにこれは怒られて当然、ですよね??

まぁ育児経験のない私が偉そうに言う事ではないのかもしれませんが・・・(~_~;)

それに子供たちに直接注意する訳でもなく、ここで愚痴っている私も同罪だと言われればそうなのかもしれないし。


3日目は家から一歩も出る事なく、家で録画したテレビ番組をひたすら旦那と観てました。


4日目の今日は妊婦検診へ。

ドキドキしながらエコーで赤ちゃんの推定体重を出して貰ったら・・・

何故か約2880グラム。

「へ?」

一週間前の37週の検診では約3250グラムと言われ、標準より少し大きいとの事だったのに今回は減っているではないか!?

先生に聞くと

「あくまで推定だし、こういう事は良くある事だから。」

だって(」゜ロ゜)」

どっちが本当か分からない話だけど、ちょっとだけホッとしました。

ただ気になったのは、内診で子宮口の固さを診て貰った時に、

「まだまだしっかり閉じているなぁ。こりゃ産まれるのが遅くなるかもしれんねぇ。」

と言われた事。

子宮口を柔らかくする(?)注射を打つ事になりました。

次回の検診でも子宮口が固い場合は毎日注射を打ちに行かなくてはならなくなりそうです。

病院まで25分前後かかるのに、そうなったらちょっと嫌だなー(*´Д`)=3

実家には帰らず、家事やウォーキングや柔軟体操とかをしているのに、何故柔らかくなってくれないのでしょうかねぇ?


・・・と、いった4日間でした。

長くなっちゃいましたね(~_~;)

明日からは旦那は仕事で、新年会もあるため帰りは遅くなる予定。

旦那のご飯を作らなくてもいいので楽ですけど、またこれから一人の時間が増えるのかーって思うとちょっと寂しいです(o´д`o)。




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 22:22 | Comment(12) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

大みそかですね。

ダウンタウンの番組を見ながら、今年最後の記事を書いています。

29日、30日、31日と3日連続で夫婦二人で家の大掃除。

なんでこんな物を取っておいたのだろうと思うような物が大量に出てきました。

そして赤ちゃん用品を置くスペースを作ろうと、とにかく要らないものをひたすら処分。

旦那が購入した本を40冊ほど、使わなくなった雑貨を2点ほど、着なくなった服を10数点ほどをあるリサイクルショップへ売りに行ったりもしました。

全部で約3500円になり、ちょっとした収入になりましたよ(^^)v

さすがに大きなお腹での掃除や片付けは大変でしたが、安産の為と言い聞かながら無理しない程度に頑張りました。


さっき年越しそばを食べ終わり、やっと今からのんびり出来ます( ̄ー ̄)


と、いう訳で、皆さまにとっても私にとっても、来年よい年でありますように!!

今年もお付き合いありがとうございました(*^_^*)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 20:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

お見合い、その後。

先日記事にした、「お見合いを仲介」の続きです。

先輩はあれから数回デートを重ねたようですが、お断りする事に決めたと連絡がありました。

理由は、連絡が遅い、メールのやり取りが業務連絡みたいで気持ちがこもってない感じ、何を考えているか分からない、一緒に居ても楽しくないし疲れる、私に興味がない気がする、といった所。

前回も少し記事にしましたが、メールの返事が常に遅く、デートの約束一つするだけでも時間がかかっていたようです。

のんびりした性格だからと言えばそれまでですが、せめて最初のうち位は早めに返事して欲しいですよね(*´Д`)=3

やる気があるの??と先輩が疑問に思うのも仕方ないかなーとは思います。

数回会った程度で分かる事なんて少ないからもう少し様子を見たら?と思ったりもしましたが、やはり第一印象が悪いと、なかなかその後「大逆転」という訳にはいかないでしょう。


先輩は相手の男性にお断りすると同時に今までありがとうございましたとメールをして、身上書を私の親に返すように伝えてくれたようですが、返事の一つもなかったそうです(ノД`)

私の親にも何の連絡もなかったので、私の親が男性の家に身上書をわざわざ取りに行ったんですよね。

取りに行った日、当の本人は家に居なくて、彼の親から先輩の身上書を返してもらったとの事。

「その内取りに来るだろうから。」と自身の親に頼んであった訳です( ̄□ ̄#)

38歳にもなって、仮にも世話になった仲介者に対してその対応は何!?

せめて電話でどうするかこちらに連絡するなり、自分でこちらに持ってくるなり、最低でも郵送するなり出来ないの?

お礼の菓子折りでも持ってこいなんて事は言わないけど、何か一言「お世話になりました」とか言えないの?

言っちゃあ悪いけど、この男性は一生結婚できないでしょうね(。-`ω´-)

「いい人だから」と父にこの男性を紹介してきた知り合いに、見合いの成り行きを話したら、

「いい奴だと思ったけど、以外と大した事ない男だったんだなぁ。」

と言っていたそうです。

私は内心、変な人紹介しないでしよ!って思いましたよo(`ω´*)o


先輩にはまた別の人を紹介する事になりました。

その相手は私の親の知人の息子なので多少は信用できそうですが、どうなのでしょうか。

また記事にしたいと思います( ̄ー ̄;)




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 10:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

血液検査

妊婦検診では、定期的に血液検査が行われるんです。

検査の中にヘモグロビンの量を調べる項目があります。

妊婦の場合、ヘモグロビン11g/dl未満を貧血と判断されるみたい。

因みに非妊婦の場合だと12g/dl未満が貧血のようです。

私の場合、妊娠3ヶ月の時の検査では12.3g/dlでした。

中期に入った妊娠6ヶ月の検査では11.0g/dl。

ギリギリですね・・・(^_^;)

そして後期に突入した妊娠8ヶ月の検査では、10.3g/dlにまで低下。

貧血と診断されてしまったのです。

あんなに牛乳飲んだり、ヨーグルトやチーズ、納豆、鳥レバーを食べたりしていたのに、

「それでも足りないか!」

と思わされました(*´Д`)=3

でも大抵、4割以上の妊婦さんは貧血になるようです。

お腹の赤ちゃんへの栄養が優先されるため、どうしても貧血になりやすくなるみたい。

この時は2週間分の「鉄剤」を処方されました。

2週間後の検査では11.6g/dlにまで回復。

その時は改善されたという事で何も処方されなかったので、ホッと一安心。

貧血が酷い人だと、注射されたりもするそうですが。

貧血だと、

・出産時の出血が増える(血が固まりにくい)

・産後の回復が遅い

・妊娠中毒症になりやすい

・早産や微弱陣痛になりやすい

・胎児の発育遅れ

などの影響があるそうです(>_<)

臨月に突入した時にまた血液検査がありますし、さらに鉄分の多いものを食べなければと思わされました。


そこで、これまでの牛乳やヨーグルトを食べる以外に、私がとりあえず試したのは、

「小松菜&バナナの手作りジュースを毎食前に飲む」

「小魚アーモンドを毎食後に食べる」

「朝食べるヨーグルトにきな粉をかける」

の三つです。

小松菜と小魚はカルシウムや鉄分が豊富。

バナナは食物繊維や酵素が豊富。

アーモンドやビタミンB2が豊富だし、鉄や亜鉛などのミネラルも含まれています。

きな粉はアーモンドと同じくビタミンB2やミネラルの他に食物繊維も豊富です。

因みに、食物繊維は便秘解消、酵素は安産や母乳の出が良くなり、ビタミンB2は赤ちゃんの成長を促進するそうです。


これで貧血にはならないだろうと、自信満々で受けた先日の血液検査の結果は・・・

ヘモグロビン量11.2g/dl

ギリギリですが、何とか合格できました〜\(^ω^\)( /^ω^)/♪

だけど、こんだけ頑張ってもその程度なのね(~_~;)


ちょっと話がずれますが、気になる事が一つ。

妊娠7ヶ月までの胎児の推定体重が標準体重圏内の軽めの方だったのに、8ヶ月に入った頃から急に標準体重圏内の重めの方になってしまったんです。

私の赤ちゃんは36週で推定約2900g。

36週の平均は2000〜2900gだそうです。

女の子はやや小さめと聞きますが、ウチは大きい子なのか!?

栄養の摂り過ぎ??

このまま行くと、一体どうなる??

すくすく育っているという事なので嬉しい事なんでしょうけど、産む時の事を思うと・・・(ノД`)

あくまで推定の体重ですけど、思わず「違っててくれ〜!!」と思ってしまいます(~_~;)



いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 08:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

妊婦体験

先日、夫婦二人でいつも通っている産婦人科の病院で行われた勉強会みたいなものに参加してきました。

妊娠後期の方が対象だったので、参加者の女性はみんな大きなお腹の方ばかり。

土曜に行われた事もあり、殆どの方が夫婦で参加していました。

お医者さん、助産師さん、栄養士さんがそれぞれ色々なお話をしてくれます。

お医者さんが話してくれた内容の中に、命が誕生する事の素晴らしさや、奥さんがどれだけ大変な思いで、不安な思いで妊娠期間を過ごし出産をするのかについてのお話はちょっと感動すら覚えました。

昔は男の出る幕なんて殆どなかったけれども、周りに頼る人が少なくなった今の時代、妊娠出産に対してもっと奥さんに感謝し協力すべきだと、参加している男性に対して力説していたのです。


旦那には秘密にしているのですが、妊娠後期に入った頃からは特に精神的に不安定なのか一人の時、突然不安に襲われたり、涙が出てきたりしている私。

あんなに望んだ赤ちゃんですが、出産日が近づいてきた今、楽しみ以上に出産に対する恐怖や子育てに対する不安が私を襲うのです。

こんな私、無責任な気がして情けなくなります。

念願の子宝を授かり幸せな事のはずなのに、何故涙が出てしまうのかと自分を責める事も。

ここ最近は夜、寝付きが悪い日も続いています。

8年間不妊で悩んだ私にとっては、物凄く贅沢な悩みであるのは私自身が一番よく分かってはいるのですけどね。

でも先生のお話を聞いて、多かれ少なかれ不安な思いは皆同じ思いなんだと、少し心が安らいだ思いです。

そして割と協力的な旦那がいる事に感謝しないといけないなーって思いました。


この教室ではは「妊婦体験」というものが出来たんです。

お腹に10キロの重りをつけるというもの。

折角なので旦那も試してみる事に。


妊婦体験1.jpg

妊婦体験2.jpg


助産師さんにお腹に取り付けて貰い、廊下を歩いてみたり、ソファに寝転がっては置き上がってみたり。

「結構重いんだなぁ。」

とつぶやく旦那。

「下に落ちた物を拾うフリをしてみて下さい。」

と言われた旦那は、お腹を潰すようにしゃがんだのです。

「ダメダメ〜、それじゃあ破水しちゃうかもしれませんよ〜。がに股になって拾わないと!」

ってお叱りを受ける旦那。

その様子に思わず大笑いしてしまいました。

体験後、旦那は

「妊婦がこんなに大変だと思ってなかったわ。」

と一言。

「少しは理解して貰えたかい??」

それ以来、旦那は以前にも増して体をいたわってくれるようになった気がします。


とうとう私も臨月に突入。

恐怖や不安は完全には消えませんが、心の準備をしていきたいと思います。




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 09:12 | Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

母の乳がん検診

私の母は今年61歳になりました。

私の住んでいる市では、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳を迎えた翌年に乳がん検診の無料クーポンが送られてくるんです。

なので今年、母の元に検診の無料クーポンが送られてきてました。

母は病院に行くのを嫌がって、今まで検診を受けに行った事がありません。

祖母は乳がんを患って2回も手術を行っています。

そんな事もあり、母には検診に行って貰いたいとずっと思っていました(。-`ω-)

過去に何度かそれとなく言うのですが、母は頑として行こうとしなかったんです。

今年は無料クーポンが送られてきたのを機に、春頃から再度行くように促していました。

「一人で行くのが嫌なんだよねー。」

と言うので、

「私は今仕事をしていないし、私も一緒に病院に行くから受けに行こうよ。」

「まぁだったらいいけど・・・」

やっと受ける気になってくれた〜!と喜んでいた直後に、私の妊娠が発覚。

乳がん検診の事などすっかり忘れてしまい、夏過ぎごろに再度思い出し、

「そろそろ乳がん検診の予約をしようと思うんだけど。」

と母に言ったのですが、また拒まれるようになってしまったんです(´ヘ`;)

余りにしつこいと不機嫌になる事も・・・

しかも、無料クーポンは捨ててしまったというのです。

何てこった・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

どうしたもんかとずっと悩んでいたのですが、1月には無料クーポンの期限が切れてしまうので、強硬手段に出る事にしました。

11月にたまたま私が市役所に行く機会があったので、その時に健康課へ寄って

「実は私の母が乳がんの無料クーポンを紛失してしまったのですが、再発行できますか?」

と相談。

「大丈夫ですよ。再発行出来ますので。ついでにこの場で予約もしていきますか?」

と言ってくれたので、勝手に予約していいものかと迷いましたが

「じゃあ、お願いします。」

12月の空いている日に予約を入れたんです。

「では受診日の1週間くらい前に必要な書類等が本人様住所へ届きますので、それに必要事項を記入して病院へお越し下さい。」

予約が取れてホッとするも、ここからが難題です。

これをどう母に伝えるか( ´д`)

書類が届く前に言わないと、書類を捨てられてしまう可能性もあります。

11月中はずっと言えずに悩んでいました。

出来るだけ機嫌がいい時に言わないと・・・

しかしそうこうしている内に12月に突入し、検査日がどんどん近づいてきます。

そんな焦っていたある日、母がたまたまこんな話をしてきたんです。

知人が過去に乳がんで入院したという話でした。

私は「もう今しかない!」そう思って、さらりと

「乳がんで思い出したけど、この間乳がん検診の予約してきたよ。」

「自分のでしょ?」

「いや、お母さんのだよ。」

「え〜!!そうなの〜!?嫌だなぁ・・・」

「大丈夫、私も一緒に病院について行くから。」

「ふぅん・・・まぁいいけどさぁ。余り行きたくないなぁ。」

不機嫌になる事もなく、割とすんなり検診へ行くのを受け入れた母。

また拒まれるのではないかとドキドキしましたが、ホッと一安心です(〃´o`)=3

ハタから見れば、検診受けさせるだけでどうしてそんなに苦労するのかと思われた方も見えるかもしれませんが、それ位母は拒んでいたんです。

父も何度か行くように促していたようですが無理でした。

偶然にも母が乳がんの話をするだなんて、神様が機会を与えてくれたのでしょうか?
(・・・って言い方がオーバー??)

何はともあれ、無事に任務完了です(^^)v




いつもありがとうございます。
無謀ですがランキングに参加中。
こんな私の応援クリックを今日もお願いします(^_^)b
↓↓面白いブログが一杯です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
posted by かほこ at 09:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
セール情報


安心の全額保証です。



女の子のためのヒップホップ!!
こんなの待ってました。


娘にヒップホップ習わせたいけど、田舎だから近くに教室がないし、授業料が高い!!
これで自宅でいつでも習わせてあげられます。
時間も交通費も節約出来て良いことづくし。
母も一緒にやればダイエット効果のおまけ付き。


ベルメゾンのグルメ特集です。 お取り寄せ食材やスイーツも載ってるよ。
ベルメゾンネット





RDF Site Summary
RSS 2.0
検索
 
管理画面
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。